IKEAが考える「快眠」とは?大人気“お泊りツアー”が進化していた!!

FNN PRIME によると。

シンプルなデザインや低価格で多くのファンがいるIKEA。2月に“IKEA大好きファン”が大喜びのイベントが、愛知・長久手市の店舗で初めて実現した。これまでも、東京の立川や神奈川の港北にある店舗で開催された実績はあるがいづれも大人気の閉店後のIKEAでのお泊りツアーだ。

2月のある金曜日、いつも通り閉店したイケア。店内にはIKEAの家具にベッドメイクをするお客さんの姿が…。

女性客:
もともとIKEAが大好きで、すごい楽しみにしていたので舞い上がりそうです…

長久手店で初めて開かれたこのイベント。450組の応募から選ばれた9組25人が参加。
テーマは「快眠」。IKEAの商品を使って、ぐっすり眠る体験をしてもらうのが狙いだ。

IKEA長久手 ピーター・ハイネル ストアマネージャー:
日本は他国と比べて睡眠が足りていないという統計もあり、眠りについて考えるきっかけのひとつになればと思っておりました
閉店後のIKEAで待っていたのは…
まずはディナー。睡眠の質を高めるというキャビアをのせた前菜に、メインディッシュは寝つきが良くなるという牛ほほ肉の煮込み。眠りに良い食材を使った快眠メニューだ。

気になるおあじのほうは…
参加した女性客:
お肉が柔らかくてすごいおいしい

別の女性客:
ぐっすり眠れそうです

食事が終わると、グループごとに寝室に案内。それぞれのメンバー構成に合わせた部屋が用意された。

新婚ホヤホヤの夫婦に用意されたのは、白を基調としたシンプルな部屋。

夫:
家に似てる

妻:
うん、似てる。家もこんな感じ(笑)

寝るときに使う枕や布団も店内にあるものから好きなものを選べ、なんとすべてプレゼントされるという。
“消灯”後にも様々なイベント
こうしてあっという間に夜11時、電気が消され店内が静まり返ると…。アコースティックライブが開かれ、ムードを盛り上げる。

やさしい音色に誘われ次第に眠気が…あくびをするお客さんの姿もでてきたが、イベントはまだ続く。

始まったのはミッドナイトツアー。懐中電灯を手に向かったのは、子どもの遊び場「スモーランド」。

普段は買い物中に子供を預けるところで、大人は入ることはできませんが、この日はOK。大人が大きな靴に入ってはしゃいだりして、子供の空間を楽しんでいた。

女性客:
子どもになった気分です

こうしてIKEAファンには夢のような1日は終了、参加者はここで床に着いた。

雅子さま、お代替わり早々トランプ大統領と懇談へ!悲願の「国際親善」へ飛躍する日

週刊女性PRIME によると。

「2月24日、東京都内で天皇陛下の在位30年を祝う記念式典が開かれました。当日は、午前中に皇太子ご夫妻などの皇族方が即位30年の祝賀をお伝えに皇居へ。午後7時ごろからは、お祝いのための夕食会に、黒田清子さんご夫妻らを含めたご家族らが参加されました」

 そう話すのは、ある皇室担当記者。記念式典では、こんな“ハプニング”も。

「式典内では、陛下が声を震わせながら、30年の歩みを振り返り、国民への感謝の思いを約8分半にわたってスピーチされました。

 そのさなか、陛下は読む原稿を1枚分飛ばしてしまう場面がありましたが、皇后さまがすぐさま近づかれ正しい順番をお伝えして事なきを得たのです」(同・皇室担当記者)

 ご高齢の陛下を常にお支えになっている美智子さまの“ファインプレー”に、皇室を長年取材するジャーナリストで文化学園大学客員教授の渡邉みどりさんは、次のような感想を抱いたという。

「テレビ中継された式典内で、天皇陛下がおことばを読み違えた際に、すかさず、そして優しく美智子さまがフォローされたお姿には、涙が出るほど感動しました。

 マイクから漏れ聞こえたおふたりのやりとりは、夫婦として“阿吽(あうん)の呼吸”だったので、本当に仲がよろしいのだと感じましたね。

 天皇陛下は、美智子さまに対して感謝の気持ちがあふれているからこそ、おことばの中で美智子さまの和歌も紹介されたのだと思います」

 渡邉さんがそう話すように、陛下はおことばの中で、美智子さまが以前、詠まれた和歌を紹介されたのだ。

《ともどもに平(たひ)らけき代(よ)を築かむと諸人(もろひと)のことば国うちに充(み)つ》

 この和歌について、皇室の新年行事『歌会始』で選者を務めている、京都産業大学の永田和宏教授に話を聞いた。

「天皇陛下が式典で紹介された皇后陛下の和歌は、おふたりが新しい時代を引き継いだときに“安らかで平和な時代を築いていきたい”という決意の思いがありつつ、それに呼応した国民の声が国内に満ちあふれているという喜びが表現されています。それが、たのもしくも感じられるし、そういった時代になってほしいという期待も込められた前向きな歌だと思います。

 昨年12月のお誕生日の際のおことばでも、陛下は声を詰まらせながら皇后さまのことを語っておられました。皇后陛下のことを、とても信頼されていて“同志”だと思っておられるのではないでしょうか」

 そんな感動的な式典の翌日と翌々日の2日間で、合わせて3回、式典のお礼として『宮中茶会』が催され、各界の功労者などが招待された。

 しかし、次の皇后である雅子さまは、1度も姿をお見せになることはなかった─。

「25日は安倍晋三首相ら三権の長や国会議員、26日には元フィギュアスケート選手の浅田真央さんや、ノーベル生理学・医学賞を受賞した大隈良典(おおすみ よりのり)さんなどが出席しました。

 茶会には、両陛下や皇太子さま、秋篠宮ご夫妻などの宮家の方々も参加されていたのですが、ご病気の影響なのか、雅子さまのお姿はありませんでしたね

急転、世界選手権ロシア代表入りのメドベージェワは初V狙う紀平梨花の脅威となるのか?

THE PAGEによると。

ロシアスケート連盟は27日、3月20日からさいたまスーパーアリーナで行われるフィギュアスケートの世界選手権の女子代表の3人目を入れ替え、平昌五輪銀メダリストのエフゲニア・メドベージェワ(19)を抜擢したことを発表した。

 ロシアスケート連盟は26日に欧州選手権優勝のソフィア・サモドゥロワ(16)、平昌五輪金メダリストのアリーナ・ザギトワ(16)、欧州選手権4位のスタニスラワ・コンスタンチノワ(18)の3人を代表に選び、トリプルアクセルを持つエリザベータ・トゥクタミシェワ(22)とメドベージェワは補欠としていた。だが、十分な議論が行われておらず直前に入れ替えがあることも示唆されていた。
 直前に行われていたロシアカップ・ファイナルでは、メドベージェワが僅差ながら復活V。トゥクタミシェワが2位、コンスタンチノワは4位に終わっていたため、この選出に対しロシアの内外で批判が続出。ロシア連盟のコーチ評議会が、緊急開催され、27人中19人がメドベージェワを支持、トゥクタミシェワは7人でコンスタンチノワを推す票はなかったため、急転、異例の入れ替えが行われた。

 コンスタンチノワは、3月2日にロシアで開催される冬季ユニバーシアード大会に出場予定で、もしここで大敗するようであれば交代が議論される可能性が残っているとされていたが、世界選手権を重要視しているロシアの動きは迅速だった。

 対する日本勢は、直前のオランダでのチャレンジ・カップで前哨戦を逆転優勝で終えた紀平梨花(16、関大KFSC)を筆頭に、坂本花織(18、シスメックス)、宮原知子(20、関大)の平昌五輪代表コンビが出場するが、このメドベージェワの逆転代表入りは、日本勢にとって吉と出るのか、凶と出るのか。グランプリファイナル女王の紀平は、このロシアの3人に勝つことができるのだろうか。

 元全日本2位で福岡で後進を指導している中庭健介氏は、「予想外の展開ですが、日本対ロシアの構図がより鮮明になった」という。

「今回、考えられないような選考になりましたが、それだけレベルの高い選手がロシアに揃っていたということでしょう。私は欧州選手権で優勝したサモドゥロワ、ザギトワに続く3人目は、直前のロシアカップファイナルでメドベージェワが優勝したことで誰が選ばれるか賛否が分かれ微妙だと考えていました。ロシアカップファイナルはメドベージェワが勝ちましたが、1点差の僅差でフリーでは2位でした。2位だったトゥクタミシェワは、唯一紀平さんに対抗できるトリプルアクセルがあり、グランプリファイナルでは3位です。ただロシア選手権は肺炎で欠場していました。その中で、当初、コンスタンチノワを選んだのはロシア選手権でシニア年齢の選手の中では最高位の4位だったことを評価したのだろう、と捉えていたのですが、最終的には、勢いが出てきて最も安定感のあるメドべージェワを選びましたね。ある意味、日本勢にとって一番、怖い選手です。いずれにしろ、ロシアの3人と日本の3人のレベルが他の国に比べて抜け出ています。ロシア対日本という200点を超えてくる6人による対決構図になると思います」

 メドベージェワは、平昌五輪後にザギトワと同じだった“鉄の女”の異名をとるエテリ・トゥトベリーゼ・コーチの下を離れ、カナダ・トロントへ飛び羽生結弦らが師事するブライアン・オーサー・コーチとコンビを組んだ。しかし、結果はすぐには出ず、今季はGPシリーズのカナダ杯で3位、フランス杯で 4位と一度も表彰台の頂点に立てず、世界選手権の代表選考を兼ねたロシア選手権では、今季ベストの205.90点をマークしながらも7位に終わっていた。

だが、それも「新しいコーチ、環境に慣れるのに時間はかかります。すぐに結果が出ないのは当然と言えば、当然だったのです」(中庭氏)というもので、大会の数をこなしながらフィット。ロシアカップ・ファイナルでは、222.90をマーク。221.19だったトゥクタミシェワの追撃から逃げ切り復活の予感を漂わせた。

「トゥクタミシェワは、トリプルアクセルがあり、技術点の高さが特徴ではありますが、最近安定感が増したとは言え、他のジャンプでのミスや内容により、演技構成点にはムラがあります。対してメドベージェワは、ジャンプ要素が決まりさえすれば、演技構成点が安定しており確実に順位は取れます」
 中庭氏は、そう警戒した。

 紀平とメドベージェワは昨年11月のフランス杯で直接対決。紀平がショートプログラムの2位から逆転優勝を果たし、メドベージェワはSPの3位からフリーでもダブルアクセルで転倒するなど4位に惨敗していた。だが、この数か月でメドベージェワは復調、あのときのメドベージェワとは同じではない。

 また紀平と同じく今季からシニアデビューしたサモドゥロワは、5種類の3回転+3回転の安定したコンビネーションジャンプを持っている伸び盛りの選手だ。
 GPシリーズは、アメリカ杯が3位、ロステレコム杯が2位でフGPファイナル出場権を得て、そのGPファイナルでは5位だったが、204.33点をマーク。欧州選手権ではミスのない演技で213.84点を叩き出して優勝している。
「初出場で優勝するなど勢いに乗っています。紀平さん同様に今シーズンよりジュニアからシニアへ転向した選手です。また、彼女は2、3年ほど試合では大きなミスがなく、安定感のある演技が1番の武器です」と、中庭氏は評価している。

真央、レディー・ガガの靴手がけた職人特製スケート靴に感動

デイリースポーツ によると。

フィギュアスケート元世界女王の浅田真央さん(28)が20日、都内で行われた化粧品メーカー、アルソアの新製品発表会に出席した。

 「クレイパック」、「ローション」、「エッセンス」のスキンケアシリーズが発表された。「クレイパック」を使用したという浅田さんは「以前より濃厚になってより肌に馴染む感じがしました。使いやすい」と、笑顔。プロスケーターとなり、多くのショーをこなすことでメークをすることが多くなったといい、「選手の時は試合より練習が多くて、練習の時は化粧をしなかったんですけど、ショーが多くなってメークをすることが多くなった。家に帰って、しっかり汗をかいて、メークを落とす。スキンケアを心掛けています」と、明かした。

 イベントでは世界的アーティストのレディー・ガガの靴を手がける舘鼻則孝氏が装飾を施した世界で唯一のスペシャルスケート靴を贈呈され、「わぁ~、すごーい!」と、目を丸くした。アルソアの製品開発における「水」と「女性の永遠の輝き」をテーマに、「Sparkle Water」と名付けられたオリジナルのエンボス模様が施された革を使用している。

 「和な感じがします。スペシャルですね」とまじまじと見つめ、「どんな衣装に合うかな?着物かな」と、プログラムのイメージを膨らませていた。

紀平梨花、世界選手権に向け米合宿で最終調整「頑張りたい」

スポニチアネックス によると。

 フィギュアスケートのチャレンジカップ女子で優勝した紀平梨花(16=関大KFSC)が26日、オランダから関西空港に帰国した。28日には今季2度目の米国合宿へ出発。来月20日開幕の世界選手権(さいたまスーパーアリーナ)へ最後の調整を行う。

 合宿地のコロラドスプリングスは、ホテル、アイスリンク、ダンススタジオなどの施設が近距離にあり、スケートに集中できる。「世界選手権前の最後に頑張りたいと思います」。前回の合宿は4回転ジャンプなど、来季以降を見据えた練習にも時間を割いた。しかし、今回は「曲かけがメイン」と、世界選手権Vのためのメニューに集中する。チャレンジカップは逆転優勝したものの、靴の調整に手間取ったこともあり、ショートプログラム(SP)はミスが目立った。世界女王を決める次戦の出遅れは、致命傷。米国で実戦形式の滑りを重ね、対策に取り組む。

紀平梨花&アリーナ・ザギトワら、40人が埼玉集結…日露決戦に注目! 

THE ANSWER によると。

 国際スケート連盟は3月のフィギュアスケート世界選手権(埼玉)のエントリーリストを公式サイトで公表している。

 女子は40人がエントリー。地元・日本勢では今季グランプリ(GP)ファイナルを制した紀平梨花(関大KFSC)、全日本選手権優勝の坂本花織(シスメックス)、同4度優勝の宮原知子(関大)の3人が、14年の浅田真央以来となる日本人世界女王を狙う。

 最大のライバルとなるロシア勢も3人がエントリー。平昌五輪女王のアリーナ・ザギトワ、欧州選手権優勝のソフィア・サモドゥロワ、スタスラニワ・コンスタンチノワが名を連ねているが、補欠となっているエリザベータ・トゥクタミシェワ、エフゲニア・メドベージェワとの入れ替えの可能性を残しており、今後の動向に注目が集まる。

 他にも3人がエントリーしたカナダ勢ではガブリエル・デールマンらが登録。ブレイディ・テネル(米国)、イム・ウンス(韓国)ら各国から楽しみな面々が集結し、世界一を争う。

 大会は20日に開幕し、女子は同日にショートプログラム(SP)、22日にフリーが行われる。

真央、“新チーム真央”舞台裏の1枚を無良さん公開 ファン歓喜「いい写真」

THE ANSWER によると。

無良さんが「浅田真央サンクスツアー」の仙台公演打ち上げを報告
 フィギュアスケートの無良崇人さんが19日、インスタグラムを更新。先週末に2019年初公演を終えた「浅田真央サンクスツアー」の打ち上げを報告し、舞台裏の“新チーム真央”の集合写真を公開している。

 16、17日に宮城で開催された、真央さんが総合演出を務める「サンクスツアー」。超満員の中で好評を博し、2019年の初公演を終えた。無良さんは公演後の集合写真を公開している。

 無良さんの前にはバースデーケーキも置かれており、11日に誕生日を迎えた自身も祝福を受けたようだ。隣の真央さんも微笑みを浮かべている。

 新メンバー・今井遥さんを含めた10人の舞台裏写真を公開した無良さんは「遅くなっちゃいましたが、サンクスツアー宮城公演無事終わりました!! 日曜日にはまさかのサプライズでお祝いしてもらいました!! 2019年シーズンもサンクスツアー全力で演じきりたいと思います! 皆様会場でお会いできるのを楽しみにしております!」とつづり、ファンへの感謝を伝えている。

 投稿に対し、ファンも「もう最高。いい写真ですね」「お誕生日おめでとうございます」「気迫のこもったパフォーマンス素晴らしかったです!」などと歓喜のコメントをつけていた。

 次回公演は23、24日の熊本。今年もファンを大いに喜ばせてくれそうだ。

浅田真央が吉田沙保里に負けた? 引退した女子アスリートの“プライベート”

AERA dot. によると。

 1月、映画『メリー・ポピンズ』の前夜祭に出席したバンクーバー五輪の銀メダリストでプロスケーターの浅田真央(28)は、映画にちなんで「魔法」が使えるなら「食べても太らない魔法」をかけたいと女性らしい悩みをもらしていた。

「司会者から“色気なし”ですね、と突っ込まれると、『全然です』と即答し、『色気のことなんて、考えたことありませんでした』と観客を笑わせていました。メイクもファッションにも興味があるのですが、いかんせん、ストイックに練習ばかりしてきたので、そちら方面は情報弱者。何かあると、姉の舞に相談するそうです」(スポーツ紙記者)

 2月20日には化粧品メーカーの新製品発表会にも登場した。こちらのイベントでも「生まれ変わったらグルメブロガーになりたい」と色気よりも食い気優先。

「結婚願望を聞かれても、『まだやりたいことがあるので、結婚したいとは……』とあまり関心がないようで、それよりも『胃袋が二つあればいいのに』と食べることが楽しくてしょうがないようです」(同前)

 一方、女子力にさらに磨きがかかったと評判なのが、レスリング女子で五輪3連覇を果たし、現役を引退した吉田沙保里(36)。1月の引退会見では、「カラコン、マツエク、涙袋にラメ」というワードがトレンド入りするほど、そのメイクが話題になり、女子力の高さを披露した。

「インスタグラムにアップされた写真は、まるで深キョン(笑い)というコメントがつくほど、かわいらしさがMAX。以前よりも時間ができた分、今は美へのあくなき追求に忙しいようです」(女性誌記者)

 吉田といえば、これまでにも“合コン”活動が報じられてきたが、「今もあれだけ多忙なのに“合コン”にもまめに顔を出している」(同)という。

「肌のお手入れやネイルもいつもきれいに気を使っていますし、ファッションも大好き。インスタグラムを見ても、ますます美白になり、色っぽくなってきました。もっとも本人は結婚願望というか、出産願望の方が強いようですが」(同前)
 2人とも現役時代に頂点を極めたトップアスリートだが、現在は異なる輝きを見せている。

「ずっと勝負の世界で生きてきた2人ですが、今は“普通の女性”の生活を楽しんでいるのだと思います。浅田さんは、減量を気にせず好きなものを食べて、人生の一部でもある大好きなスケートを心から楽しめるようになった。吉田さんは、引退したことで“女の幸せ”というのが、より身近になったのかもしれません。2人とも、その充実ぶりが表情から見てとれます」(芸能リポーター・川内天子さん)

 トップだったゆえに、現役時代には楽しめなかった色気と食い気を堪能しているようだ。