「羽生結弦」カテゴリーアーカイブ

「羽生結弦が平昌五輪で2連覇したその時、僕は……」ハビエル・フェルナンデスの告白

文春オンライン によると。

「何年も一緒にトレーニングしてきたけれど、彼と僕との間の関係はずっと変わりませんでした。結局、最後の最後まで、彼とは激しく競い合うことになりました」

『文藝春秋』5月号の独占インタビューで、フィギュアスケート・羽生結弦(24)との関係性をこう語ったのは、今年1月の欧州選手権で前人未到の7連覇を達成し、現役引退したハビエル・フェルナンデス(28)だ。

 フィギュアスケートがあまり盛んとは言えないスペイン・マドリードに生まれ育ち、欧州の男子フィギュアスケート界をけん引し続けた。2015年、2016年の世界選手権を連覇、2018年の平昌五輪でも銅メダルを獲得した。

 羽生とフェルナンデスは共にカナダ・トロントのクリケットクラブでブライアン・オーサーコーチに師事し続けた親友でもあり、同時に最大のライバルでもあった。フェルナンデスが、カナダにやってきたのは羽生より1年早い2011年のことだった。翌年、彼はここに羽生がやってくるとオーサーコーチから聞かされた。

「君のライバルである羽生結弦選手が、ここに来たいといっているんだが」

 フェルナンデスが振り返る。

「ユヅを引き受ける前に、ブライアンは僕の意見を聞いてくれました。僕は全くためらうことなく100%快諾しました。同じようなレベルのライバルと同じリンクでトレーニングすることで、得るものは大きいとわかっていたからです」
「ユヅは大丈夫だろうか」
 実際、2人はその後カナダで練習を続け互いに切磋琢磨しあった。2015‐16年のシーズンで、羽生が史上初の総合300点越えを果たすと、その2カ月後にはハビエルも300点越えを達成し、世界を驚かせた。

 そして、フェルナンデスが集大成の大会として挑んだのが2018年の平昌五輪だった。

「オリンピックは4年に1度しかやってこない人生で最も大事な戦いです。何度経験してもあの緊張感と言うのは他と比べることができません。僕は2014年のソチオリンピックでは本当に惜しいところでメダルを逃してしまいました(4位入賞)。平昌では、表彰台に上がることが目標でした」

 そのために集中してトレーニングに取り組み続けたフェルナンデス。一方、連覇を狙う羽生は右足関節側靭帯損傷により長期離脱を余儀なくされてしまっていた。

「『ユヅは大丈夫だろうか』と色々な人から聞かれることがありました。でも、僕も自分自身を追い込んで、トレーニングに集中していました」

 その後、平昌オリンピックで羽生が2連覇を果たしたのは誰もが知るところだろう。しかし、その舞台裏で、親友でもあり終生のライバルでもあったフェルナンデスは何を思っていたのか――。

 フェルナンデスの赤裸々な想いは、『文藝春秋』5月号に掲載されている独占インタビュー「羽生結弦から僕は学んだ」に綴られている。

羽生結弦、2か月ぶり4回転…5334人ファンに「ありがとうございました~!」

スポーツ報知 によると。

 フィギュアスケート男子で66年ぶりの五輪2連覇を果たした羽生結弦(24)=ANA=が24日、アイスショーの「ファンタジー・オン・アイス」(千葉・幕張イベントホール)に出演した。公の場で氷上に立つのは、銀メダルに輝いた世界選手権(3月、さいたま)以来、約2か月ぶり。オープニングで4回転トウループを着氷させるなど、ファンの前で右足首痛からの順調な回復ぶりを示した。

 2か月ぶりの演技に臨んだ羽生は、オープニングからいきなり魅了した。4回転トウループを着氷し、会場は驚きと歓声に包まれた。

 大トリのソロパートでは、人気ロックバンド「X JAPAN」のToshlと初めてコラボ。自身が選曲した「マスカレイド」に乗せて演技した。カリスマボーカリストの伸びやかな生歌声をバックに黒と赤の衣装で舞い、3回転半ジャンプ(トリプルアクセル)をきれいに着氷して大喝采を浴びた。フィナーレでは、転倒こそしたが4回転ルッツにも挑戦してみせた。「ありがとうございました~!」と声を張り上げ、5334人が詰めかけた満員の会場に感謝の気持ちを伝えた。

 自国開催の世界選手権は、昨年11月のGPロシア杯で負傷した右足首痛を抱えて出場。痛み止めを服用しながら戦い抜いていた。世界王者奪還へ再出発する19―20年シーズンに向けて、ファンの前で順調な回復ぶりを示した

羽生結弦「年明けから氷上練習を始めています。ジャンプについては世界選手権に向けて調整しています」

デイリースポーツ によると。

 日本スケート連盟は20日、都内で理事会を開催。昨年11月のロシア杯で右足首のじん帯を損傷し、戦列から離れているフィギュアスケート男子のソチ、平昌五輪2大会連続金メダリスト、羽生結弦(24)=ANA=の状況を報告した。

 小林芳子フィギュア強化本部長は羽生サイドと連絡を取ったことを明かし、本人のコメントとして「年明けから氷上練習を始めています。ジャンプについては世界選手権に向けて調整しています」と発表。どのレベルのジャンプまで跳べているかは不明だが、羽生が練習状況を明かすのは、負傷以降初めて。

 1月6日に、フィギュアスケートの元五輪メダリストで、現在はカナダのクリケットクラブでコーチを務めるトレイシー・ウィルソン(57)が日本時間6日、自身のインスタグラムを更新し、「The boys are back!(少年たちが帰ってきた)」というタイトルで羽生が、1月の欧州選手権を最後に現役を引退した平昌五輪銅メダリストのハビエル・フェルナンデス(27)=スペイン=らと一緒に氷上に立っている写真を掲載しており、その頃から練習を再開した模様だ。

 照準は1カ月後の世界選手権(3月・埼玉)。世界王者のネーサン・チェン(米国)、四大陸選手権で主要国際大会初タイトルを獲得した宇野昌磨(トヨタ自動車)らとの決戦に向けて、着実に歩みを進めている。

進化する羽生結弦 “スコアに縛られない演技”とは?

ananweb によると。

静かなピアノの曲は音も抑えて滑りたい。
幼い頃から目標にしてきた、23歳での五輪制覇。それをディック・バトン(アメリカ)以来66年ぶりに果たす“連覇”という快挙とともに達成。そしてそれにより始められると思った、自分のための、新たなフィギュアスケートへの挑戦。自分が競技者として目覚め、世界を意識する気持ちを生み出してくれた憧れのスケーターふたりの、代表的なプログラムで使用された曲を使うと決めた。だからこそ、いま自分ができる最高の技術を入れ込んだプログラムにしたいという思いは強い。

その表れが、SPでジャンプをすべて後半の初めまでに入れ、その後はスピンやステップを行う構成にしていることだ。昨年4月に自ら企画・参加したアイスショーの“コンティニューズ・ウィズ・ウィングス”で、羽生はジョニー・ウィアーの、体をかがめて足の間に手を入れて回転する彼の“パンケーキスピン”に衝撃を受けたと話していた。アイスショーではウィアーだけではなく、ステファン・ランビエールなどもスピンだけで感情を表現する技術の高さを見せている。そんなスピンとステップで表現する世界を、さらに際立たせようとする試みなのだろう。

自身の世界最高得点を更新する110. 53点を出したGPシリーズロシア大会では「曲自体も序盤はゆったりしているので、その中の滑りではあまりエッジの音は立てたくないし、ゴリゴリとスケートを滑らせたくないので。そういった、何かジャンプにつながる部分の難しさみたいなものも感じながら滑っています」と話していた。それは彼が『バラード第1番ト短調』を滑るシーズンイン前の言葉と共通している。静かなピアノの調べで始まる曲だからこそ、スケーティングの音も極力抑えて静かに滑らなければいけないと思う、と話していたのだ。

羽生がウィアーの滑りに憧れたと話した中のひとつに、彼のジャンプのランディングのスムーズさときれいな流れがある。静かな曲調の中で力を使わずにスムーズな“静”を感じさせるジャンプをし、曲が盛り上がる後半のスピンとステップで自らの感情を爆発させるようなプログラムを意識しているのだ。

日本スケート連盟の小林芳子フィギュア強化部長は、シーズン初戦オータムクラシックの、羽生のSPのスピンが印象的だったという。「レベル4を取るためには今までと同じことをやればいいが、今季はその組み合わせを難しいものに変えていた。それでこれまでの彼には見られないミスをしたが、本人も自分のためにスケートをすると話していたように、楽しみながら新しいことに挑戦しているなと感じました」と話している。

ほぼスコアに縛られず演技ができている。
フリーで彼の挑戦の気持ちが表れているのが、後半に入れている4回転トウループ+トリプルアクセルだ。このコンビネーションは着氷した足では踏み切らないために“シークエンス”扱いとなり、得点は2つの基礎点を加算した8掛けになる。羽生はそれを入れようとした理由を「今はほぼスコアに縛られることなく演技ができているので。点数は関係なく、今の自分ができる最高のコンビネーションとなるとやっぱり4回転トウループからのトリプルアクセルになると思うから、やろうかなと思いました」と話す。

自分が得意にしていて思い入れのあるトリプルアクセルを2本入れたいという強いこだわりもある。それを入れることによって、連続ジャンプで2回転トウループを入れる必要がなくなることにもこだわった。エフゲニー・プルシェンコが『ニジンスキーに捧ぐ』で見せていた重厚感のあるカリスマ性を意識し、演技時間が30秒短くなり演技に余裕が持てない中で、すべてのジャンプに難しい入り方や出方を織り込む。そして最後にトリプルアクセル2本を含めたコンビネーションジャンプを3連続で入れる、極めて難度の高い構成にした。その難しさを承知しながらも、自分ができうる最高難度に取り組もうとするのは、“皇帝”とも称されるプルシェンコのこれまでの功績に敬意を払ってのものだろう。そのプログラムを自分のものとして完成させることこそ、羽生が目指すものだ。
はにゅう・ゆづる 1994年12月7日生まれ、宮城県出身。4歳からスケートを始める。 2014年のソチオリンピックに続き、2018年平昌オリンピックで金メダルを獲得。五輪連覇は66年ぶりの記録。

羽生結弦出場の埼玉・フィギュア世界選手権のチケットが高騰 ベテランファンが教える入手方法とは?

AERA dot. によると。

 さいたまスーパーアリーナ(さいたま市)で世界フィギュア選手権が3月20日、5年ぶりに開幕するが、ネット上ではすでに壮絶なチケット争奪戦が繰り広げられている。日本から男子が羽生結弦、宇野昌磨、田中刑事、女子が坂本花織、紀平梨花、宮原知子の計6人が出場する。

 世界フィギュアのチケットは、全日程を同じ席で楽しめる「5日間通し券」と、日付指定の「単日券」の2種類がある。価格は通し券が6万5千円~10万円、単日券が5千円~2万5千円。通し券は抽選制なので、購入できるのは当選者のみとなる。

 正規ルートではほぼ完売となっていた1月18日、あるチケット売買サイトをのぞいてみた。トップページに据えられた「ISU世界フィギュアスケート選手権大会2019」の大会名をクリックすると、出てる出てる、すでに300件以上! 最も高額なのは、通し券1枚45万円。正規価格の4倍以上だ。購入を検討していることを示す「ウォッチリスト」の登録数は25になっていた。単日券の最高額は、男子シングルのショートプログラムが行われる21日のPremium席(最もリンクに近い席)で、1枚28万円。同席の正規価格は2万5千円なので、実に10倍以上! それでもウォッチリスト登録数は18だった。

 すでにチケットを入手しているスケートファンの40代女性に話を聞いた。毎年ジュニアからシニアまで外国人も含めて幅広く見ており、今回は家族にも協力してもらいながら正規ルートの通し券の抽選に申し込み、なんとかB席(6万5千円)を入手したという。

「海外で開催される世界選手権の予算と比較すると、航空券、宿泊費、通し券を購入すれば、アジア圏なら20万円以上、北米亜ヨーロッパなら30万円以上かかります。なかなか海外に行けないファンならば、購入する人もいるでしょう。埼玉スーパーアリーナは座席数が多いので、案外簡単にチケットが取れてしまったため、転売しているファン初心者もいるのではないでしょうか」

 渡航費がかかる点や、仕事を長期で休む点などを比べると、海外観戦よりもはるかに気軽な国内観戦なら、初心者が「今こそ!」と参戦したくなる気持ちもわかる。

 普段から転売サイトを利用せず、ファン仲間とチケットを譲り合ったり、国内をあきらめて海外に観戦しに行ったりするというこの女性。意外にも狙い目なチケット入手方法を教えてくれた。

「(公式サイトでは)一般三次販売までされていますが、見切れ席や当日券の販売があるかもしれません。見切れ席は大会直前に先着で販売されて、転売目的の購入が少ないので、一般販売より取りやすい場合があります。大穴は当日券。販売がある場合、朝から並んでもB席しかなかったのに、試合が進んで最終グループの6人になった時点でチケットブースに行くと、招待客がキャンセルしたチケットなどで、偶然(よりリンクに近い)S席を入手できる場合もあります」

 最終の6人のみとなると30分にも満たない演技時間に2万円近くをつぎ込むことになるが、「お目当ての選手が見られるならいい」というファンにとっては、選択肢の一つになる。

 今大会の目玉は、やはり4カ月ぶりに大会リンクに舞い戻る羽生結弦。右足首のけがで昨年12月の全日本選手権は欠場したが、11月のグランプリシリーズでは世界最高得点をたたき出しており、優勝候補として期待を寄せずにはいられない。

「現在の日本のフィギュアスケートファンは、だいたいが羽生ファンでしょう。羽生は最近日本で見られるチャンスが少ないので、転売サイトでチケットを買うのはほとんど羽生ファンでしょう。羽生はアジアの近隣国にも人気があるので、中国人が高値で購入するということもあるかもしれません」(前出の女性)

 平昌冬季五輪で成し遂げた偉業から1年。けがを乗り越え、さらなる進化を遂げた王者の舞を、世界中のファンが心待ちにしている。

「次の日本開催の世界選手権はおそらく4,5年後になるでしょうから、日本開催の世界選手権で羽生が見られるのは最後かもしれません」(同)

 となれば、にわかだろうとベテランだろうと、羽生ファンなら是が非でも会場で演技を拝みたい!? チケット争奪戦に、さらなる拍車がかかりそうだ。

羽生結弦「来季こそGPシリーズを通して優勝を目指したい」

スポーツ報知 によると。

 フィギュアスケート男子で66年ぶりの五輪連覇を達成した羽生結弦(24)=ANA=が11日、来季現役続行を表明した。都内で行われたテレビ朝日ビッグスポーツ賞の表彰式に、拠点のカナダ・トロントでリハビリ中の羽生はVTRで出演し「来季こそGPシリーズを通して優勝を目指したい」とコメント。来季直筆目標を「4A込みのパーフェクトパッケージ」と記した。

 映し出された羽生直筆の目標には、来季への強い思いがみなぎっていた。「来シーズンは4A込みのパーフェクトパッケージを目指します」。初めて今後の進退について明言。世界で成功者がいない4回転半ジャンプ(4回転アクセル)の成功だけではない。夢の大技を決めたうえでの、完璧な演目を作り上げていく。

 今季はGPシリーズでフィンランド大会、ロシア杯と連勝したが、11月のロシア杯のフリー当日の公式練習で右足首を負傷。12月のGPファイナル、全日本選手権は欠場した。ビデオメッセージで「今シーズンはいい演技が出来始めていましたがロシアでけがをしてしまった。来季こそGPシリーズを通して優勝を目指したいと思います」とコメント。日本男子最多の10勝を誇るGPシリーズで、来季も勝利を積み重ねていく。

 平昌五輪で金メダルを手にし「取るべきものを取ったし、やるべきこともやった」と達成感を口にした。今季開幕前には4回転アクセルの成功とスケートを楽しむことをテーマに掲げた。しかし、昨年9月の初戦、オータム・クラシックを機に、らしさを取り戻した。「ちょっと抜けていた気持ちの部分が、また自分の中にともった。勝たなきゃ意味がない」。4回転アクセルに加え、勝利へのモチベーションが再び羽生の中に宿った。

 3月の世界選手権(さいたま市)へ、既に氷上での練習を再開。午前に行われた日本スポーツ賞の表彰式にもVTRで出演し「まずは治療とリハビリを続け、一日でも早くみなさんの応援の気持ちを受け止められる状態に戻し、日々過ごして行きます」。大きな故障に見舞われた今季は、4回転アクセルを組み込んでいない。4か月ぶりの実戦となる世界選手権を制し、新しいシーズンを迎える。

羽生結弦、直筆メッセージで意気込み 「来季は4A込みのパーフェクトパッケージを」

THE ANSWER によると。

 2018年のスポーツ界で優れた成績を残した個人、団体を表彰する「第53回テレビ朝日ビッグスポーツ賞」の表彰式が11日、都内で行われ、同賞を受賞したフィギュアスケート平昌五輪金メダルの羽生結弦(ANA)は式は欠席したが、ビデオメッセージを寄せ「来シーズンは4A込みのパーフェクトパッケージを目指します」と直筆での意気込みを披露した。

 カナダ・トロントで治療、リハビリ中の羽生。3月の世界選手権(さいたま)が復帰戦となる見込みだ。ビデオメッセージでは「今シーズンはいい演技が出来始めていましたが、ロシア大会で怪我をしてしまい」と現状を説明。そして「平昌五輪での金メダルはずっと誇りにしたいと思っています。本当にありがとうございました。より一層努力していきます」と続けた。

 そして最後に直筆で、まだ誰も成功させたことのない4回転アクセルへの思いをつづっていた。

羽生結弦が目指す“夢の4回転アクセル”は超ハイリスクハイリターン

デイリースポーツによると。

 平昌五輪フィギュア男子で66年ぶりに連覇を果たした羽生結弦(24)=ANA=が11日、来季の現役続行を表明した。都内での「テレビ朝日ビッグスポーツ賞」で大賞にあたる「ビッグスポーツ賞」を受賞。トロントで調整中のため表彰式に寄せたビデオメッセージで「来シーズンこそはGPシリーズでの優勝を目指します」と発言したもので、さらに「4回転アクセル込みのパーフェクトパッケージを目指します」と記した色紙も示した。この「4回転アクセル」は、まだISU(国際スケート連盟)公認大会では誰も成功していない、超高難度のジャンプとなっている。

 まず、「○回転アクセル」というジャンプは、フィギュアのジャンプの中で唯一前向きに踏み切ることから、「○回転半」の「半」がつく。日本スケート連盟公式ウェブサイトにある「フィギュアスケート技の解説」でも「最高難度ジャンプ」と紹介されている。

 今季では、GPシリーズのロシア杯フリーで、4回転アクセルにアルトゥール・ドミトリエフ(ロシア)が挑戦したが、転倒。回転不足によるダウングレード判定がなされ基礎点は3回転アクセルの8・00。さらにGOE(出来栄え点)で4・00点が減点され、この要素では4・00点しか得られなかった。

 4回転アクセルは、基礎点が12・50点。もしGOEを得られなくても、3回転アクセルから基礎点だけで4・50点上乗せできる。ただし、失敗した時のリスクがとてつもなく大きく、転倒などで仮にGOEのスコアが最低の-5となると「-6・25点」の大減点となってしまう。ダウングレード判定がつけばさらに得点は下がるため、完成度の高い3回転アクセルを跳んだ方が、安定した成績を出せると言える。

 羽生の言う通り、他の要素と合わせて成功させられれば、自己記録の合計297・12点超えどころか、300点以上や、さらなる高みにその名を刻み込むことになる。

羽生結弦に憧れる、ロシア8歳少年が日本語手書きメッセージ公開 「私はあなたが好き!」

THE ANSWER によると。

 フィギュアスケートで五輪連覇の羽生結弦(ANA)に憧れるちびっこスケーターのワジム・ボロノフくん。日本のファンにもよく知られる8歳の少年が、インスタグラムを更新した。“ユヅル愛”に溢れるロシアの少年は、羽生へ向けた日本語での手書きのメッセージをしたため画像で公開。大きな話題を呼んでいる。

 ロシアでは1月7日がクリスマス。聖なる日にボロノフくんは、憧れの存在「ユヅル・ハニュウ」へ、思いを心を込めた絵とメッセージで表現した。

 気持ちが伝わってくる画像だ。氷上を滑る羽生の姿を描き、その横には日本語でのメッセージをつづっている。

「ゆずるさん あなたは非常に良いスケーターです そして、私は非常にそそして私はあなたが好き! ゆずるさん 私はあなたがすべての権利になりたいです!」(原文ママ)
日本のファンからも反響続々「絵も日本語もとても上手」
 必死で日本語をつないだのだろう。ところどころ間違いはあるが、8歳にして見事に漢字も使いこなしている。羽生のために必死で日本語を覚えた努力の証が伝わってくる。

 ボロノフくんは「ユヅル・ハニュウにメリークリスマス!」と英語でつづりこの画像を投稿。日本のファンを「絵も日本語もとても上手ですね」「たくさん勉強したのですね」「素晴らしいです。ゆづるくんうれしいだろうな」「日本語も上手」などと感動させていた。

 ボロノフくんは昨年11月のグランプリ(GP)シリーズ第5戦のロステレコム杯で、羽生のショートプログラムの演技直後にフラワーキッズとしてプレゼントを贈り、羽生とハグしたことで脚光を浴びたロシアのちびっこスケーターだ。日本のバラエティー番組でも特集されるほどだが、本人は羽生への愛をなお強めているようだ。

羽生結弦、米の熟練記者が「2018年ベストアスリート」選出 「五輪で史上最高の演技」

THE ANSWER によると。

 フィギュアスケートで五輪連覇を達成しながら、新シーズンも王者として氷上に君臨する羽生結弦(ANA)。世界にはあまた男性アスリートがいるが、米の熟練記者は2018年の「メンズ・アスリート・オブ・ザ・イヤー」に羽生を選出している。

 五輪連覇を達成してもなお高みを目指す羽生。グランプリ(GP)シリーズのフィンランド大会では世界最高得点をたたき出すなどGPシリーズ連勝を飾り、“絶対王者”ぶりをまざまざと見せつけた。

 オリンピックの専門家でオリンピックを30年以上取材している、熟練の米記者フィリップ・ハーシュ氏は、自身が運営するメディア「グローベットロッティング」で2018年のスポーツ界で特筆すべき「勇気」と「臆病さ」と「判断力」を体現した個人、組織に言及。今季の様々なスポーツ界での出来事を紹介しつつ、「メンズ・アスリート・オブ・ザ・イヤー」の部門では「ユヅル・ハニュウ」を選出している。

「金ユヅル・ハニュウ(日本、フィギュアスケート) 11月9日の後に彼は足首の怪我により2か月戦線を離脱した。ハニュウは2月のウィンターゲーム(五輪)で復活し史上最高の演技を披露。1952年のディック・バトン以来の五輪連覇を成し遂げた」と寸評をつけて、称賛している。

 辛口で知られる同記者だが、羽生に対してはかねてから熱い視線を送ってきた。フィンランド大会のショートプログラム(SP)で世界最高得点を出した際には、「ハニュウを超えられる人間は、この世に1人だけ…それはハニュウだ」と粋な賛辞を送っていた。

 世界選手権(3月・埼玉)へ向けてリハビリ中の絶対王者。2019年もアスリート界の主役として君臨する姿を世界が待ち望んでいる。