「紀平梨花」カテゴリーアーカイブ

急転、世界選手権ロシア代表入りのメドベージェワは初V狙う紀平梨花の脅威となるのか?

THE PAGEによると。

ロシアスケート連盟は27日、3月20日からさいたまスーパーアリーナで行われるフィギュアスケートの世界選手権の女子代表の3人目を入れ替え、平昌五輪銀メダリストのエフゲニア・メドベージェワ(19)を抜擢したことを発表した。

 ロシアスケート連盟は26日に欧州選手権優勝のソフィア・サモドゥロワ(16)、平昌五輪金メダリストのアリーナ・ザギトワ(16)、欧州選手権4位のスタニスラワ・コンスタンチノワ(18)の3人を代表に選び、トリプルアクセルを持つエリザベータ・トゥクタミシェワ(22)とメドベージェワは補欠としていた。だが、十分な議論が行われておらず直前に入れ替えがあることも示唆されていた。
 直前に行われていたロシアカップ・ファイナルでは、メドベージェワが僅差ながら復活V。トゥクタミシェワが2位、コンスタンチノワは4位に終わっていたため、この選出に対しロシアの内外で批判が続出。ロシア連盟のコーチ評議会が、緊急開催され、27人中19人がメドベージェワを支持、トゥクタミシェワは7人でコンスタンチノワを推す票はなかったため、急転、異例の入れ替えが行われた。

 コンスタンチノワは、3月2日にロシアで開催される冬季ユニバーシアード大会に出場予定で、もしここで大敗するようであれば交代が議論される可能性が残っているとされていたが、世界選手権を重要視しているロシアの動きは迅速だった。

 対する日本勢は、直前のオランダでのチャレンジ・カップで前哨戦を逆転優勝で終えた紀平梨花(16、関大KFSC)を筆頭に、坂本花織(18、シスメックス)、宮原知子(20、関大)の平昌五輪代表コンビが出場するが、このメドベージェワの逆転代表入りは、日本勢にとって吉と出るのか、凶と出るのか。グランプリファイナル女王の紀平は、このロシアの3人に勝つことができるのだろうか。

 元全日本2位で福岡で後進を指導している中庭健介氏は、「予想外の展開ですが、日本対ロシアの構図がより鮮明になった」という。

「今回、考えられないような選考になりましたが、それだけレベルの高い選手がロシアに揃っていたということでしょう。私は欧州選手権で優勝したサモドゥロワ、ザギトワに続く3人目は、直前のロシアカップファイナルでメドベージェワが優勝したことで誰が選ばれるか賛否が分かれ微妙だと考えていました。ロシアカップファイナルはメドベージェワが勝ちましたが、1点差の僅差でフリーでは2位でした。2位だったトゥクタミシェワは、唯一紀平さんに対抗できるトリプルアクセルがあり、グランプリファイナルでは3位です。ただロシア選手権は肺炎で欠場していました。その中で、当初、コンスタンチノワを選んだのはロシア選手権でシニア年齢の選手の中では最高位の4位だったことを評価したのだろう、と捉えていたのですが、最終的には、勢いが出てきて最も安定感のあるメドべージェワを選びましたね。ある意味、日本勢にとって一番、怖い選手です。いずれにしろ、ロシアの3人と日本の3人のレベルが他の国に比べて抜け出ています。ロシア対日本という200点を超えてくる6人による対決構図になると思います」

 メドベージェワは、平昌五輪後にザギトワと同じだった“鉄の女”の異名をとるエテリ・トゥトベリーゼ・コーチの下を離れ、カナダ・トロントへ飛び羽生結弦らが師事するブライアン・オーサー・コーチとコンビを組んだ。しかし、結果はすぐには出ず、今季はGPシリーズのカナダ杯で3位、フランス杯で 4位と一度も表彰台の頂点に立てず、世界選手権の代表選考を兼ねたロシア選手権では、今季ベストの205.90点をマークしながらも7位に終わっていた。

だが、それも「新しいコーチ、環境に慣れるのに時間はかかります。すぐに結果が出ないのは当然と言えば、当然だったのです」(中庭氏)というもので、大会の数をこなしながらフィット。ロシアカップ・ファイナルでは、222.90をマーク。221.19だったトゥクタミシェワの追撃から逃げ切り復活の予感を漂わせた。

「トゥクタミシェワは、トリプルアクセルがあり、技術点の高さが特徴ではありますが、最近安定感が増したとは言え、他のジャンプでのミスや内容により、演技構成点にはムラがあります。対してメドベージェワは、ジャンプ要素が決まりさえすれば、演技構成点が安定しており確実に順位は取れます」
 中庭氏は、そう警戒した。

 紀平とメドベージェワは昨年11月のフランス杯で直接対決。紀平がショートプログラムの2位から逆転優勝を果たし、メドベージェワはSPの3位からフリーでもダブルアクセルで転倒するなど4位に惨敗していた。だが、この数か月でメドベージェワは復調、あのときのメドベージェワとは同じではない。

 また紀平と同じく今季からシニアデビューしたサモドゥロワは、5種類の3回転+3回転の安定したコンビネーションジャンプを持っている伸び盛りの選手だ。
 GPシリーズは、アメリカ杯が3位、ロステレコム杯が2位でフGPファイナル出場権を得て、そのGPファイナルでは5位だったが、204.33点をマーク。欧州選手権ではミスのない演技で213.84点を叩き出して優勝している。
「初出場で優勝するなど勢いに乗っています。紀平さん同様に今シーズンよりジュニアからシニアへ転向した選手です。また、彼女は2、3年ほど試合では大きなミスがなく、安定感のある演技が1番の武器です」と、中庭氏は評価している。

紀平梨花、世界選手権に向け米合宿で最終調整「頑張りたい」

スポニチアネックス によると。

 フィギュアスケートのチャレンジカップ女子で優勝した紀平梨花(16=関大KFSC)が26日、オランダから関西空港に帰国した。28日には今季2度目の米国合宿へ出発。来月20日開幕の世界選手権(さいたまスーパーアリーナ)へ最後の調整を行う。

 合宿地のコロラドスプリングスは、ホテル、アイスリンク、ダンススタジオなどの施設が近距離にあり、スケートに集中できる。「世界選手権前の最後に頑張りたいと思います」。前回の合宿は4回転ジャンプなど、来季以降を見据えた練習にも時間を割いた。しかし、今回は「曲かけがメイン」と、世界選手権Vのためのメニューに集中する。チャレンジカップは逆転優勝したものの、靴の調整に手間取ったこともあり、ショートプログラム(SP)はミスが目立った。世界女王を決める次戦の出遅れは、致命傷。米国で実戦形式の滑りを重ね、対策に取り組む。

紀平梨花&アリーナ・ザギトワら、40人が埼玉集結…日露決戦に注目! 

THE ANSWER によると。

 国際スケート連盟は3月のフィギュアスケート世界選手権(埼玉)のエントリーリストを公式サイトで公表している。

 女子は40人がエントリー。地元・日本勢では今季グランプリ(GP)ファイナルを制した紀平梨花(関大KFSC)、全日本選手権優勝の坂本花織(シスメックス)、同4度優勝の宮原知子(関大)の3人が、14年の浅田真央以来となる日本人世界女王を狙う。

 最大のライバルとなるロシア勢も3人がエントリー。平昌五輪女王のアリーナ・ザギトワ、欧州選手権優勝のソフィア・サモドゥロワ、スタスラニワ・コンスタンチノワが名を連ねているが、補欠となっているエリザベータ・トゥクタミシェワ、エフゲニア・メドベージェワとの入れ替えの可能性を残しており、今後の動向に注目が集まる。

 他にも3人がエントリーしたカナダ勢ではガブリエル・デールマンらが登録。ブレイディ・テネル(米国)、イム・ウンス(韓国)ら各国から楽しみな面々が集結し、世界一を争う。

 大会は20日に開幕し、女子は同日にショートプログラム(SP)、22日にフリーが行われる。

紀平梨花、優雅な舞いに地元紙もうっとり エキシビ演技に称賛「神童が音楽と一体に」

THE ANSWER によると。

 フィギュアスケートのチャレンジ・カップ(オランダ・ハーグ)は24日、女子フリーが行われ、紀平梨花(関大KFSC)がフリー1位の141.90点を記録し、合計208.34点で優勝。今季国際大会6連勝とした。競技後にはエキシビションが行われ、優雅なスケーティングで観衆を魅了。現地メディアは「日本の神童が音楽と一体となった」と喝采を上げている。

 紀平がエキシビションでも美しくオランダのフィギュアファンを酔わせた。「Faded」のしっとりとした曲調に合わせ、情感豊かに舞った紀平。オランダ紙「フォルクスクラント紙」も大会の主役に脚光を浴びせている。

「日本のフィギュアスケーター、キヒラがデン・ハーグで音楽と一体になった。日曜日のエキシビジョンは予想通りの結果となったチャレンジ・カップを締めくくった。日本人たちがメインとなっていたが、その中でも神童、リカ・キヒラが中心だった」

 記事では紀平がトリを務め、優雅に舞った様子を伝えている。

「この日の最終滑走はチャレンジ・カップの覇者で日本の神童のキヒラだ。Fadedの曲調に合わせ音楽と一体となり、力みのないスケートを披露した」と演技の様子をレポートしている。
日本から4社のテレビクルーが帯同したことも紹介
 フリーではトリプルアクセルを成功させ、逆転優勝を飾った。今季の活躍ぶりと合わせ、同紙はこう表現している。

「彼女がアウトホフのスケートリンクに描いた曲線はスケートをするために生まれてきた子のものだった。この日本人は16歳としてはセンセーショナルな活躍を今シーズン見せている」

 グランプリシリーズで全試合優勝し、唯一の敗戦が全日本選手権だったことも紹介。「自国では僅かなミスでも許されない」と日本のフィギュアのレベルの高さにも驚きをつづっている。

 決してビッグタイトルとは言えない「チャレンジ・カップ」にも関わらず、日本からは4社のテレビクルーが帯同していたことにも触れている。

 紀平が待望されていた世界女王だとし、3月の世界選手権でも中心選手になると伝えている。シニアデビューイヤーに圧倒的な強さを見せ続ける新女王。16歳にして誇る、その優雅さにオランダのメディアも、ファンも虜になったようだ。

“逆転の紀平梨花”再び!フリー1位で逆転V 国際大会6戦全勝で世界選手権へ

デイリースポーツ によると。

 女子フリーが行われ、SP2位の紀平梨花(16)=関大KFSC=は、フリーで141・90点、総得点208・34点で逆転優勝した。18年世界選手権銀メダリストの樋口新葉(18)=開智日本橋学園高=は186・24点で3位に入った。

 世界選手権前、最後の実戦でも“逆転の紀平”は健在だった。冒頭のトリプルアクセルは軸が曲がりながらも何とか着氷させると、2本目のトリプルアクセルは回避し、ダブルアクセル-3回転トーループにしたが、きっちり決め、そのままほぼ完ぺきな舞を披露。演技を終えると、右拳でガッツポーズした。

 前日のSPは精彩を欠いた。66・44点で今季自己最低点。スケート靴の調整に手間取り、演技直前になって跳ぶことを決めたトリプルアクセルは2回転半で着氷。連続3回転ジャンプは後半ジャンプが軽度の回転不足をとられると、スピンでも体勢を崩す大きなミスがあった。「演技としては良かったけど、点数があまり出ていない。(スピンは氷の)穴にガタンとなった。運が悪かったところもある」と、冷静に分析していた。今月5日に亜脱臼した左手薬指はまだプラスチック製の器具で固定。それでもフリーではしっかり本領を発揮してみせた。

 3月には大一番の世界選手権が控える。自国開催となる初出場の大舞台は「ものすごい緊張との戦いとなる」とイメージする。これでシニアデビューした今季、フリーは7戦すべてで1位の得点をマークし、ここまで国際大会6戦6勝。破竹の勢いを見せる16歳が、堂々と世界女王の冠を狙いに行く。

紀平梨花、3回転半ジャンプミスでSP2位発進…樋口新葉は4位

スポーツ報知 によると。

 女子のショートプログラム(SP)が行われ、3月の世界選手権(さいたまスーパーアリーナ)の前哨戦として挑んだ紀平梨花(16)=関大KFSC=は、武器とするトリプルアクセル(3回転半ジャンプ)は跳ばず、66・44点と2位発進となった。今季最終戦に挑んだ18年世界選手権銀メダルの樋口新葉(わかば、18)=東京・開智日本橋学園高=は、ジャンプでミスがあり、62・70点で4位。

 紀平はスケート靴の調整に苦戦し、直前までトリプルアクセルを組み込むか悩んでいたが、当日の判断で、冒頭のジャンプをダブルアクセル(2回転半ジャンプ)に変更。続く連続3回転ジャンプは2本目が回転不足の判定を取られるも、最後の3回転ルッツは成功させた。

 フリーは日本時間の24日に行われる。

紀平梨花、3アクセルに致命的だった指の怪我…乗り越え見せた成長

AERA dot. によると。

 スケート靴の急な交換、左手薬指の怪我。次々とハプニングが彼女を襲った。フィギュアスケート女子の紀平梨花が四大陸選手権で見せた強さ──。

 今季のフィギュアスケートの四大陸選手権は、男子だけでなく女子も混戦となった。その舞台で、中心にいたのは紀平梨花(16)だ。言わずと知れたトリプルアクセルジャンパー。昨年12月のグランプリファイナルでは計3本のうち2本を成功させて優勝。ジャンプの技術では世界トップクラスだ。

 経験を多く積むことがまだ16歳の彼女の栄養になるが、この四大陸選手権も、まるで彼女を試すかのように、次々とハプニングが起きた。まず12月末に新調したばかりのスケート靴のうち、トリプルアクセルの踏み切りに使う左の靴が異常な速さで劣化してしまったのだ。それは1月に行った米国での強化合宿のハードさを物語っていた。

 予備に新しい靴を持参していた紀平。現地入りしてから靴を換える緊急事態となった。

「換えて3日で試合なんて初めて。でも新しいほうがいいジャンプができている」

 新しい靴に慣れようと意欲的に練習を再開した翌日、今度は転倒した際に左手薬指を痛めてしまった。手に力が入らず、曲げることができない。

「(痛みは)けっこうヤバイ。引けばいいけど」

 と、不安の表情を浮かべた。

 たかが指の怪我と思うかもしれないが、トリプルアクセルを跳ぶためには致命傷だった。通常は、両手を強く握り、すばやく体の中央に引き寄せることで回転軸をつくり出す。

「薬指が伸びていることで空気抵抗が大きくなって、腕を振り上げて締めるまでのタイミングが遅くなり、回転も遅くなっているのを感じました」

 翌朝に現地の病院にかかり、チームドクターが「骨折ではなく、亜脱臼」と診断。紀平も痛みが引いてきたことから、強行出場を決めた。

 しかし、指を曲げられないままトリプルアクセルを成功させるのは未知の世界。ショート前日の練習では、中指から小指まで3本を固定することでトリプルアクセルを降りたが、これだとスピンの時にエッジをつかむことができない。コーチとは「今回はダブルアクセルに抑えよう」と話し合い、暗中模索のまま時間が過ぎていった。

 しかし紀平は攻めた。ショートの6分間練習後、本番のわずか十数分前に「やっぱりトリプルアクセルにしたい」と決意した。しかしいつもよりスピードなく助走に入ると、ジャンプは1回転半に。得点を失い、まさかの5位発進となった。

紀平梨花、左手薬指にギプスも世界選手権に意欲「自己ベストを更新できるように」

デイリースポーツ によると。

 フィギュアスケートの四大陸選手権で初優勝した女子の紀平梨花(16)=関大KFSC=が15日、大阪府高槻市の関大たかつきアイスアリーナで練習を公開した。

 報道陣約30社約70人が詰めかけた中、紀平は四大陸選手権前に「指節間関節(第2関節)の亜脱臼」との診断された左手薬指に、ベージュ色のギプスを装着して練習した。14日にMRI検査を受けたことを明かした上で、薬指付近を曲げてみせながら「まだやりにくいところもあるが、こけても大丈夫という安心感はある」と、笑顔で問題なしを強調した。

 世界選手権(3月、さいたま)に向け、次戦は国際大会のチャレンジ・カップ(21~24日、オランダ・ハーグ)に出場。「世界選手権では感謝の気持ちをもって、SP、フリーとも完璧な演技をして、自己ベストを更新できるようにしたい」と意気込んだ。

紀平梨花も衝撃!白血病公表の池江璃花子に願い…1月の表彰式で記念撮影したばかり

デイリースポーツ によると。

 競泳女子で18年アジア大会6冠の池江璃花子(18)=ルネサンス=が12日、「白血病」と診断されたことを自身のツイッターで公表した。詳しい病状は不明だが、今夏の世界選手権(韓国・光州)代表選考会を兼ねる4月の日本選手権(東京)は欠場し、治療に専念する。

 20年東京五輪期待のヒロインの白血病公表は、“冬のヒロイン”にも衝撃を与えた。この日、フィギュアスケートの四大陸選手権優勝から成田空港に帰国した紀平梨花(16)=関大KFSC=は戸惑った表情を浮かべながら、「スポーツが好きな気持ちを大切に頑張ってほしい」と願いを込めた。1月に行われた表彰式で、池江と一緒に写真を撮ってもらったばかりだった。

 自身は3月に大一番の世界選手権(埼玉)が控える。同一年度にGPファイナルと世界選手権の2冠を達成すれば、13-14年シーズンの浅田真央以来、日本女子2人目。また、16歳での世界女王戴冠は、日本女子最年少記録となる。五輪女王のザギトワら強豪との決戦。「SP、フリーとも完ぺきな演技で自己ベストを更新したい」と力強く誓った。

紀平梨花、白血病公表の池江璃花子にエール「スポーツが好きという気持ちを大切にして頑張ってほしい」

スポーツ報知 によると。

 フィギュアスケート女子で四大陸選手権(米アナハイム)優勝の紀平梨花(関大KFSC)が12日、成田空港着の航空機で帰国した。

 この日、白血病を公表した競泳女子の池江璃花子(ルネサンス)とは、ともにテレビ朝日ビッグスポーツ賞を受賞。先月中旬に都内で開かれた受賞式では、2ショットの記念写真を撮るなどして交流を深めたばかりだった。「えっ、白血病を発表されたんですか…?」と報道陣の問いかけを聞き直した上で「競技をやっている先輩なので、自分がスポーツが好きという気持ちを大切にしてまた頑張ってほしい」とエールを送った。