「真央大好き」カテゴリーアーカイブ

真央、レディー・ガガの靴手がけた職人特製スケート靴に感動

デイリースポーツ によると。

フィギュアスケート元世界女王の浅田真央さん(28)が20日、都内で行われた化粧品メーカー、アルソアの新製品発表会に出席した。

 「クレイパック」、「ローション」、「エッセンス」のスキンケアシリーズが発表された。「クレイパック」を使用したという浅田さんは「以前より濃厚になってより肌に馴染む感じがしました。使いやすい」と、笑顔。プロスケーターとなり、多くのショーをこなすことでメークをすることが多くなったといい、「選手の時は試合より練習が多くて、練習の時は化粧をしなかったんですけど、ショーが多くなってメークをすることが多くなった。家に帰って、しっかり汗をかいて、メークを落とす。スキンケアを心掛けています」と、明かした。

 イベントでは世界的アーティストのレディー・ガガの靴を手がける舘鼻則孝氏が装飾を施した世界で唯一のスペシャルスケート靴を贈呈され、「わぁ~、すごーい!」と、目を丸くした。アルソアの製品開発における「水」と「女性の永遠の輝き」をテーマに、「Sparkle Water」と名付けられたオリジナルのエンボス模様が施された革を使用している。

 「和な感じがします。スペシャルですね」とまじまじと見つめ、「どんな衣装に合うかな?着物かな」と、プログラムのイメージを膨らませていた。

真央、“新チーム真央”舞台裏の1枚を無良さん公開 ファン歓喜「いい写真」

THE ANSWER によると。

無良さんが「浅田真央サンクスツアー」の仙台公演打ち上げを報告
 フィギュアスケートの無良崇人さんが19日、インスタグラムを更新。先週末に2019年初公演を終えた「浅田真央サンクスツアー」の打ち上げを報告し、舞台裏の“新チーム真央”の集合写真を公開している。

 16、17日に宮城で開催された、真央さんが総合演出を務める「サンクスツアー」。超満員の中で好評を博し、2019年の初公演を終えた。無良さんは公演後の集合写真を公開している。

 無良さんの前にはバースデーケーキも置かれており、11日に誕生日を迎えた自身も祝福を受けたようだ。隣の真央さんも微笑みを浮かべている。

 新メンバー・今井遥さんを含めた10人の舞台裏写真を公開した無良さんは「遅くなっちゃいましたが、サンクスツアー宮城公演無事終わりました!! 日曜日にはまさかのサプライズでお祝いしてもらいました!! 2019年シーズンもサンクスツアー全力で演じきりたいと思います! 皆様会場でお会いできるのを楽しみにしております!」とつづり、ファンへの感謝を伝えている。

 投稿に対し、ファンも「もう最高。いい写真ですね」「お誕生日おめでとうございます」「気迫のこもったパフォーマンス素晴らしかったです!」などと歓喜のコメントをつけていた。

 次回公演は23、24日の熊本。今年もファンを大いに喜ばせてくれそうだ。

浅田真央が吉田沙保里に負けた? 引退した女子アスリートの“プライベート”

AERA dot. によると。

 1月、映画『メリー・ポピンズ』の前夜祭に出席したバンクーバー五輪の銀メダリストでプロスケーターの浅田真央(28)は、映画にちなんで「魔法」が使えるなら「食べても太らない魔法」をかけたいと女性らしい悩みをもらしていた。

「司会者から“色気なし”ですね、と突っ込まれると、『全然です』と即答し、『色気のことなんて、考えたことありませんでした』と観客を笑わせていました。メイクもファッションにも興味があるのですが、いかんせん、ストイックに練習ばかりしてきたので、そちら方面は情報弱者。何かあると、姉の舞に相談するそうです」(スポーツ紙記者)

 2月20日には化粧品メーカーの新製品発表会にも登場した。こちらのイベントでも「生まれ変わったらグルメブロガーになりたい」と色気よりも食い気優先。

「結婚願望を聞かれても、『まだやりたいことがあるので、結婚したいとは……』とあまり関心がないようで、それよりも『胃袋が二つあればいいのに』と食べることが楽しくてしょうがないようです」(同前)

 一方、女子力にさらに磨きがかかったと評判なのが、レスリング女子で五輪3連覇を果たし、現役を引退した吉田沙保里(36)。1月の引退会見では、「カラコン、マツエク、涙袋にラメ」というワードがトレンド入りするほど、そのメイクが話題になり、女子力の高さを披露した。

「インスタグラムにアップされた写真は、まるで深キョン(笑い)というコメントがつくほど、かわいらしさがMAX。以前よりも時間ができた分、今は美へのあくなき追求に忙しいようです」(女性誌記者)

 吉田といえば、これまでにも“合コン”活動が報じられてきたが、「今もあれだけ多忙なのに“合コン”にもまめに顔を出している」(同)という。

「肌のお手入れやネイルもいつもきれいに気を使っていますし、ファッションも大好き。インスタグラムを見ても、ますます美白になり、色っぽくなってきました。もっとも本人は結婚願望というか、出産願望の方が強いようですが」(同前)
 2人とも現役時代に頂点を極めたトップアスリートだが、現在は異なる輝きを見せている。

「ずっと勝負の世界で生きてきた2人ですが、今は“普通の女性”の生活を楽しんでいるのだと思います。浅田さんは、減量を気にせず好きなものを食べて、人生の一部でもある大好きなスケートを心から楽しめるようになった。吉田さんは、引退したことで“女の幸せ”というのが、より身近になったのかもしれません。2人とも、その充実ぶりが表情から見てとれます」(芸能リポーター・川内天子さん)

 トップだったゆえに、現役時代には楽しめなかった色気と食い気を堪能しているようだ。

真央、茶会に平成彩る顔…天皇陛下在位30年

テレビ朝日系(ANN) によると。

 皇居では天皇陛下の在位30年を祝う茶会が開かれ、スポーツ選手やノーベル賞受賞者ら「平成」を彩る顔ぶれがそろいました。

 天皇皇后両陛下が主催される茶会には、浅田真央さんや王貞治さん、そしてノーベル賞を受賞した大隅良典さんら約500人が参加しました。参加者は宮内庁楽部による「舞楽」と呼ばれる演奏や踊りを鑑賞した後、茶会に臨みました。
 天皇陛下:「出席された皆さんのこれからのご健康と幸せを祈ります」
 陛下は、24日の式典で歌を歌った三浦大知さんや王さんらとグラスを片手ににこやかに歓談されていました。26日夕方には駐日外国大使らが皇居に招かれ、3回目の茶会が開かれる予定です。

アラサーになった真央「そこまで結婚したいとは…」

日刊ゲンダイDIGITALによると。

 バンクーバー五輪の銀メダリストでプロスケーターの浅田真央(28)が20日、都内で行われた化粧品メーカー・アルソアのスキンケア新製品発表会に登場した。

 芸能リポーターの川内天子氏がその美肌と共に結婚観について問うと、「今はやりたいことがあるのでそこまで結婚したいとは……人生で絶対に結婚したいという思いはない」とコメントした。

 16歳から同社製品を愛用しているという浅田の美肌は何よりの宣伝効果。アラサーになってより説得力が増してきただけに、ウエディング姿も期待したくなるところだ。

真央、変化した結婚観を明かす

東スポWeb によると。

 フィギュアスケートの元世界女王・浅田真央(28)が20日、都内で行われた「アルソア・スキンケア」の新製品発表会に出席した。

 イベント中に「生まれ変わったら?」と質問を受けた真央は「グルメブロガーになりたい」と回答。その理由として「食べることが好きなのでおいしいものをたくさん食べられるのかなぁと思って。あ、スキンケアとは関係なくて申し訳ないんですけど」と話し、周囲の笑いを誘った。

 現役引退から約2年。「最近は自分でミシンを買ってバッグを作ったり、バッグにリボンをつけてアレンジしてみたり楽しい時間を過ごしている」と新たな趣味を見つけたという。 

 また、報道陣から結婚について問われると「引退してすぐは結婚したいなというのもあったけど、今は自分のやりたいことがたくさんあるので、そこまで…。そのときが来たらいいけど、人生で絶対に結婚したいというのはないですね」。時間とともに心境に変化があったことを明かした。

真央の目標はグルメブロガー「おいしいものをたくさん食べられる」

東スポWeb によると。

 フィギュアスケート元世界女王の浅田真央さん(28)が20日、東京都内で行われた化粧品メーカー「アルソア」の新製品発表会に出席した。

 イベントでは新たな製品にちなみ、司会者から「生まれ変わったら?」との質問を受けた真央さんは「グルメブロガーになりたい」と笑顔で回答。その理由として「食べることが好きなので、おいしいものをたくさん食べられるのかなぁ…。あ、スキンケアとは関係なくて申し訳ないんですけど」と笑いを誘った。

 また、同社の製品を16歳から使用している真央さんに記念品としてスケートシューズが贈呈された。レディー・ガガの靴を手掛けるなど世界的に活躍するアーティスト・舘鼻則孝氏が装飾を施し、同社が製品開発で大切にしている“水”と“女性の永遠の輝き”をテーマに仕上げられた。真央さんは「これからどのように使うか、飾るか考えたい。貴重な物を作っていただいたので大切にしたい」と語った。

真央、被災地・仙台で2年目のサンクスツアー初公演「パワー届けられたら」

スポニチアネックスによると。

 フィギュアスケート女子で10年バンクーバー五輪銀メダリストの浅田真央さん(28)が16日、自身が開催している「浅田真央サンクスツアー」2年目の公演をスタートさせた。1発目に選んだのは、11年の東日本大震災で被害のあった仙台市のベルサンピアみやぎ泉。16年1月に岩手県盛岡市で開催された「NHK杯スペシャルエキシビジョン」で浅田さんと「ジュピター」を一緒に滑った仙台の子どもたちも会場で見守り、号泣する子もいたという。

 浅田さんは「震災の時に一緒に滑った子どもたちも来ていた。どんなことがあっても、私たちはできるだけみんなのサポートをして、私たちの滑りで何かパワーを届けられたらいいなと思っています」と語り、「今日も本当にたくさんの皆さんが会場にいらしてくださって、私たちも初回でヒヤヒヤ、ドキドキしながらではあったんですけど、全力で滑ったので、それが少しでも伝わったら良いなと思います」と被災地への思いを語った。また、会場のボランティアとして参加したのは、東日本大震災で被災した子どもたちを支援するプロジェクト「Support Our Kids」の子たち。浅田さんも同プロジェクトに寄付している。

 この会場のリンクで浅田さんが滑るのは中学生以来という。「スケートリンクは寒いというのがあるんですけど、ここは特に寒いリンクではある。私たちは全力で滑っていたので、そんなに寒さは感じませんでした。でも、お客さんたぶん凄く寒かったんだろうなと思います。大丈夫でしたかね」と気遣っていた。

真央「サンクスツアー」に今井遥さんが加入「一緒に滑るのは非常に光栄なこと」

スポーツ報知 によると。

 フィギュアスケート元世界女王の浅田真央さん(28)が15日未明に自身のインスタグラムを更新し、今年の「サンクスツアー」に、元全日本ジュニア王者の今井遥さん(25)が加入することを発表した。

 浅田さんは「新メンバーは、今井遥ちゃんです。1月に声をかけて快く参加してくれました。再び一緒に滑れるのを楽しみにしています!」とメッセージを添えて、2ショット写真を掲載した。

 すると今井さんも同投稿を引用するかたちで「私自身、指導者への道を歩み始めた中での事で、正直務まるかという不安はありますが、責任を自覚し、精一杯努力していきたいと思います。また、再び真央ちゃんと一緒に滑れるというのは、もうただそれだけで、非常に光栄なことで、、、私自身、今後がとても楽しみです」と決意をつづっていた。

真央、恩師・山田満知子コーチとの再会に感涙

オリコンによると。

 フィギュアスケーターの浅田真央が登壇する映画『メリー・ポピンズ リターンズ』(公開中)のイベントが12日、浅田の出身地・名古屋市にあるミッドランドスクエアシネマで行われ、浅田にとっての“メリー・ポピンズ”とも言えるフィギュアスケートコーチの山田満知子氏がサプライズゲストとして登場。浅田は「まさか、まさかでした!!」と、久しぶりの再会に目を潤ませていた。

 イベントでは、浅田が自ら振り付けを考案したリジナル・パフォーマンスの特別映像「魔法のエキシビション」のスクリーン上映が行われることになっており、浅田は映像内で着用していたピンク色の衣装で登場。この衣装でのイベント登壇は初めてとなり、メリー・ポピンズの世界からそのまま飛び出してきたかのような浅田の姿に、観客も大喜び。

 2012年-13年シーズンのエキシビション・ナンバーで『メリー・ポピンズ』(1964年)の楽曲を使用するなど、筋金入りの大ファンである浅田は、メリー・ポピンズの魅力を「ストーリーもとても素敵なんですが、メリー・ポピンズの魅力はかわいらしかったり、時には厳しかったり、でもお茶目だったり、そして美しかったり、と本当にいろんな表情を魅せてくれるところが大好きなんです」と、語った。

 2月1日に公開された『メリー・ポピンズ リターンズ』をすでに3回も鑑賞したという浅田は、「字幕版もとても素敵ですが、今日皆さんがご覧になる完全日本語吹替版は、歌の歌詞もせりふもダイレクトに伝わってくると思いますので、さらにお楽しみいただけると思います。映像もとても素晴らしくて、メリー・ポピンズならではの色合いが楽しめる夢のある映画だと思います」と、熱弁。

 そこへ、映画本編や浅田の特別映像でも印象的な“桜”の花束を持って現れたのが、山田コーチだった。突然の恩師の登場に驚きと喜びを隠せない浅田。客席からも大きな声援と拍手が巻き起こった。「真央が引退してから『どうするのかな?』と思っていたんですが、自分でショーチームを作って全国をまわったり、またこの『メリー・ポピンズ リターンズ』という映画でとても素敵なお仕事をさせていただいたりと、真央らしい活躍をいつもうれしく見ていました」と、山田コーチ。浅田は「この“魔法のエキシビション”を先生にぜひ見ていただきたいと思っていたので、今日この大スクリーンでご覧いただけるのはとてもうれしいです。先生ぜひ楽しんでください」と、声をかけた。

 その後、「魔法のエキシビション」が上映され、この日と同じ衣装の浅田が氷上で舞う姿に、手拍子をしたり、ジャンプの時には声をあげて拍手したり、愛弟子の活躍を心から喜んでいた山田コーチ。浅田も「このエキシビションを作るのはとても楽しい作業でした。『メリー・ポピンズ リターンズ』を観てから、私なりにイメージして振り付けを考えて滑りました。再び大スクリーンで見ることができてうれしかったです」と、満足げ。山田コーチは「真央はこういう曲が合ってるし上手!すごくいい感じ!」と大絶賛し、最後に「メリー・ポピンズは年を取らないからうらやましいわ」と、会場の笑いを誘っていた。