「本田真凜」カテゴリーアーカイブ

紀平梨花に本田真凜は追いつくことができるのか?

AERA dot. によると。

 2016年世界ジュニア選手権を初出場で制し、翌年はアリーナ・ザギトワ(ロシア)に敗れたものの合計得点を201.61点にして2位に。平昌五輪シーズンにはシニアに移行し、そのまま一気に駆け上がるのではないかと期待を集めていた本田真凜。だが、シーズン初戦のUSインターナショナルクラシックではショートプログラム(SP)、フリーともにノーミスの演技で198.42点を獲得して優勝する素晴らしい滑り出しをしながらも、次のスケートカナダのSPではミスを連発して10位発進と失速してしまう。GPシリーズ第2戦の中国杯は5位ながら198.32点と少し持ち直したが、全日本選手権では精彩を欠いた演技で7位と、尻すぼみになってしまった。

 結局、シーズン最後のチャレンジカップもSPで大きく乱れ、フリー2位で持ち直して3位になったが、得点は160.19点。そんな屈辱からの復活を果たすため、今年春からは練習拠点を米国に移し、男子のネーサン・チェン(米国)などを指導するラファエル・アルトゥニアンの指導を受けることにした。

 だが、その新たなシーズンも苦戦が続いている。初戦のネーベルホルン杯ではSP、フリーともに回転不足が出てしまい、178,89点で6位。17年世界ジュニア選手権で優勝を争ったザギトワには60点近い差をつけられる結果になった。さらにGPシリーズ初戦のスケートアメリカは、捻挫の影響もあったというが、フリーでは7本のジャンプすべてでミスをする大崩れで158.04点で8位。次のフランス国際ではSPでトップに立った三原舞依に2.58点差の4位につけて期待を持たせたが、フリーでは崩れて188.61点で6位と結果を残せなかった。

 昨季までは一緒に濱田美栄コーチの下で練習をしていた1歳下の紀平梨花が、シニア初挑戦の今季はGPシリーズで2試合優勝しただけではなく、GPファイナルでもザギトワを撃破して233.12点の自己最高得点で優勝して注目を浴びている中、本田は大きく差をつけられる結果に。その原因はどの試合でもジャンプで回転不足を多発していることだ。

 それでも彼女の大きな長所である滑りや動作のしなやかさ、観客の気持ちも引き込んでしまうような表現の豊かさは彼女の持っているポテンシャルの高さを示すものだ。フランス国際のフリーは前半の3回転+3回転が3回転+2回転になり、3回転サルコウと連続ジャンプの3回転フリップが2回転になったり、他にもふたつの回転不足を取られて123.24点で6位の得点だったが、演技構成点は5項目すべてを8点台にして65.68点を獲得し、合計で2位になった三原には0.26点差、優勝した紀平には0.37点差。ジャッジもその滑りの資質を認める結果だったのだ。

 本田はもともと身体能力も高く、どんな競技でもすぐに習得できてしまう非凡な運動センスの持ち主だ。だが、その天才肌ゆえに練習に熱心に取り組まないと指摘されていた。ジャンプも他の選手が必死に跳び込んでそれを自分のものにするが、彼女の場合は簡単に身に付けてしまう。それゆえに、試合では気の緩みが出てしまうのだろう。

 米国では兄の太一と一緒に暮らして練習に励んでいるが、まだその環境に慣れきっていないというのが現実だろう。そんな中でこれから彼女がどう自分を見つめながら練習を積み上げていくのか。しっかり我慢して取り組むことができれば、本田の大きな開花は可能だろう。

 そうなれば紀平や宮原知子、坂本花織、三原舞依、樋口新葉などと激しく北京五輪代表を争う構図になり、日本女子フィギュアのさらなるレベルアップにもつながるはずだ

真凜は15位「これからが私の始まりと思える試合になればいい」

サンケイスポーツ によると。

 フィギュアスケート・全日本選手権第3日(23日、東和薬品ラクタブドーム)来年3月の世界選手権(さいたまスーパーアリーナ)代表選考会を兼ねて行われ、ショートプログラム(SP)18位と大きく出遅れた、2016年世界ジュニア選手権女王の本田真凜(17)=JAL=は合計164・23点で15位に終わった。

 SPに続き、ジャンプのミスが相次いだ真凜は「なかなかうまくいかないけど、これで終わりじゃないと思っている。これからが私の始まりと思える試合になればいい」と必死に前を向いた。

 今春から拠点を米国に移して練習を積み、元世界女王の浅田真央さんを指導したこともある、ラファエル・アルトゥニアン・コーチに師事する。「拠点を変えたときから、最低でも2、3年はかかるから、それだけの覚悟が必要といわれていた。いい演技をしたいという思いもある。以前よりもいい練習ができていると思っている。新しいジャンプが自分の体になじんでいけるようにしたい」と語った。

 今後に向け、「練習ではいいジャンプができている。試合でクリーンにできるようにしないといけない。技術もそうだけど、いまは精神的な部分が自分には必要。何にも負けない強い気持ちを手に入れたい」と巻き返しを誓っていた。

本田真凜が公式練習「できることそのまま出したい」

日刊スポーツ によると。

フィギュアスケート女子の本田真凜(17=JAL)が20日、全日本選手権(21日開幕)に向けて会場の大阪・東和薬品ラクタブドームで公式練習に臨んだ。

今春から米国に拠点を移し、昨季の世界王者ネーサン・チェン(米国)らを指導するラファエル・アルトゥニアン・コーチに師事。今大会に向け、18日夜に帰国したといい「全日本選手権は自分にとってすごく特別。たくさんのお客さんの前で滑れる舞台で緊張もするけれど、今シーズンやってきたことが、ちょっとずつ良くなってきているので、あまり(自分に)期待しすぎず、自分ができることをそのまま出したい」と意気込んだ。

練習ではフリップ-トーループの連続3回転ジャンプなどを成功。今季はグランプリ(GP)シリーズ第1戦スケートアメリカ8位、第6戦フランス杯6位と発展途上にある。

「(拠点を移した)最初はうまく体と自分のスケートがかみあっていなかったけれど、練習からちょっとずつ、うまく跳べるジャンプが増えてきた。『早く試合で全部出したいな』と焦る気持ちもあるんですけれど、今年は本当に自分が試されている、我慢の年。いつかピタッとはまる時が来るように。今回の試合は自分の中でも、大切な試合だと思います」

ジュニアだった2年前の全日本選手権では、今回と同じ会場で4位と躍進。ありのままの自分で、これからの飛躍へとつなげる。

本田真凜、2人の妹に「離れてて何も出来なくてごめんね」

東スポWeb によると。

 フィギュアスケート女子の本田真凜(17=JAL)が3日、インスタグラムを更新。「日本からお届けモノが」と、妹から手紙が届いたことを報告した。

 本田には望結(14=大阪・関大中)、紗来(11=京都醍醐ク)と2人の妹がいる。手紙は紗来からのもので「すみっコぐらし」の封筒に「もうすぐ会えるね I love you」などと記された。

 今季から拠点を米国に移した本田。グルノーブルで行われたグランプリ(GP)シリーズ第6戦、フランス杯に出場している間、2人は全日本ジュニア選手権に出場するなど、国内外でフィギュアを盛り上げている。

 投稿が24時間で消える「ストーリー」機能を使った本田は「離れてて何も出来なくてごめんね 望結紗来は真凜のすべて 大好き会いたいよ」とコメントし、再会を待ちわびた。

本田真凜は「心から音楽を聞いている」 重鎮タラソワ氏が伝えた17歳の魅力

THE ANSWER によると。

 フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ第6戦フランス杯で6位となった本田真凜(JAL)。表彰台こそ逃したが、ショートプログラム(SP)、フリー、合計点すべてで自己ベストを更新し、収穫もあった。日本の17歳をロシアの重鎮タチアナ・タラソワ氏はどう見たのか。解説を務めた母国の国営放送で「彼女全体が音楽になっている」と語っている。

 シニア2年目で奮闘を続ける17歳をロシアの重鎮はしっかりと評価していた。

 フランス杯のフリー。本田がリンクに現れ、実況が「ジュニア時代に世界選手権など、ほとんどのタイトルを獲得したマリン・ホンダの登場です」と紹介すると、解説のタラソワ氏は「見てください。日本の美しい女性です」とピンクの華やかな衣装を着て演技を始めた本田についてコメントした。

 持ち前の長い手足を生かし、演技冒頭から滑らかな滑りを見せると、タラソワ氏は「柔らかい足です。膝が柔らかい、柔らかく流れるように滑っている」と一言。音楽に合わせ、表現力を生かした中盤は「心から音楽を聞いているから、それがリズムある優美な身のこなしや足に表れ、彼女全体が音楽になっている」と高く評価した。
実況アナも賛辞「完全に魔法の演技です」
 終盤。演技のフィニッシュへ向かう本田に対し、実況が「完全に魔法の演技です。滑りの観点から見ると音楽に入り込んだ……」とコメントすると、演技を終えた本田に対し、タラソワ氏は「本当の魅力です」と賛辞を述べた。

 キスアンドクライで笑顔を振りまく本田。実況は「リンクの上で自分のすべてを、自分のすべてをこの感動させる澄み切ったフリープログラムに捧げたマリン・ホンダを私たちは見ています」と評し、得点以上に心を掴んだ演技を称賛していた。

 シニア2年目の今季は米国に渡り、アルトゥニアン氏に師事。浅田真央さんを指導したこともある名将のもとで練習を積んでいるが、荒川静香さんを始め、世界の名スケーターを育て上げたタラソワ氏も本田が持つ才能について認めているようだった。

 しかし、GPシリーズは6位に終わり、ファイナル進出はならなかった本田。いかに自分の武器をリンクで生かし、結果に結び付けていくのか。挑戦のシーズンは続く。

本田真凜、手応えの6位「自分の完成形、早く出したい」

朝日新聞デジタル によると。

 フィニッシュのポーズのまま、本田真凜(JAL)の表情に笑みが浮かぶ。「少しずつではありますけど、良くなっているんじゃないかって。少し自信になるような演技でした」。表彰台には届かなかった。それでも、確かな成長を実感する総合6位だった。

 「クリーンな演技ではなく、直さないといけないところはたくさん」と本人が振り返る通り、内容は決して完璧ではなかった。後半に組み込んだ3回転ループジャンプは回転不足の判定。続く3連続ジャンプも、二つ目の2回転トーループ、三つ目の2回転ループが同様の判定を受けた。

 1カ月前のスケートアメリカでは、ショートプログラム(SP)で4位につけながら、フリーは「ここまで崩れたのは初めて」と語るほどの演技で総合8位と大失速。今春から拠点を米国に移したばかりだけに、勝負シーズンで犯した失敗は痛恨の記憶となって頭の片隅にこびりついている。

 ただ、この日は違った。細かいミスこそあったが、フリー6位。情感たっぷりの滑りが健在なのはもちろん、前日のSPから含め、スピンは全て(最高の)レベル4だった。

 「この前よりも一歩ずつ、確実に良くなっていっているんじゃないかと思います。成長できた部分もあるんじゃないかと」。1カ月間の地道な練習で立て直してみせた。「コーチとめざす自分の完成形というものを早く試合で出せるように、安定した演技が他のトップ選手のようにできるように頑張りたい」。口をつく言葉は、どれも前向きだ。

 次の焦点は、12月の全日本選手権(大阪)になる。「今回のような演技ができればいいな、と。スケートアメリカが終わってからネガティブな気持ちになることがすごく多かったんですけど、でも、『自分の演技をもっと見たい』と思って下さる人に向けて良い演技を届けられたら」。一つずつ経験を積み上げて、17歳は前に進んでいく。(吉永岳央)

真凜、好発進4位に手応え「今季ベストな演技ができた」

スポニチアネックス によると。

 フィギュアスケートのGPシリーズ第6戦、フランス杯は23日、女子ショートプログラム(SP)が行われ、三原舞依(シスメックス)が67・95点で首位発進を決めた。NHK杯で日本初のGP初出場初優勝を果たした紀平梨花(関大KFSC)は67・64点で2位に付けた。

 本田真凜(JAL)は65・37点で4位と好発進。「今シーズンの中ではベストな演技ができた」と満足げ表情。さらに「手応えを口にし「思い切ってやろうという気持ちだった。一つ自分の中でも成長できた」と手応えを口にし「一歩一歩頑張っていきたい」とフリーの演技を見据えた。

新コーチが語る本田真凜「まだ30%」、才能の開花待つ

時事通信 によると。

 フィギュアスケート女子でアイドル的な人気を博し、ジュニア時代から世界の舞台で着実に実績を積んできた本田真凜(17)=JAL=がもがいている。昨季は平昌五輪代表をつかめず、涙に暮れた。シニアの2シーズン目はコーチを変え、練習拠点を米国に移して再出発。今季グランプリ(GP)シリーズ初戦のスケートアメリカは足首の不調もあって8位に終わった。
 新たに師事したラファエル・アルトゥニアン氏はかつて浅田真央を教え、世界王者になったネーサン・チェン(米国)の師匠でもある。フィギュア界きっての名伯楽は「真凜はまだ持っている能力の30%しか使っていない」と才能の開花をじっと待っている。

◇名伯楽も手を焼く奔放さ
 本田は2016年3月の世界ジュニア選手権を14歳で制し、愛くるしいルックスと大人っぽい滑りで一躍脚光を浴びた。アルトゥニアン氏は「彼女ほど美しいスケートをする選手はいない。誰もがそう感じていたが、ずば抜けた才能を持つ女の子だと思って見ていた」と当時を振り返る。
 それから1年半を経た昨季、五輪シーズンにシニアに上がると苦しんだ。ジャンプは連続3回転を複数の組み合わせで跳べる非凡さを持ち、感性とセンスがあり、「芸術家」とすら評された天才肌。それでも結果が出ない要因を、本田が自身の元で練習をするようになって分かったという。

 本田に足りないものを「コンシステンシー」という一語で表した。和訳すれば「一貫性、不変性」。技術的にはジャンプの跳び方や振り付け、スケーティングの動きに関して、「練習で同じことを正確に何度も繰り返さなくてはならない。そうすることで頼れるものになっていく」と言う。
 この春から指導を始めて約半年。本田の良さでもある自由奔放さに手を焼いている。週6日、毎日6~7時間の練習メニューには明確な意図があるが、「彼女を狙い通りに練習させることがまず難しい。独創性のある子だから、練習メニューを元にやるべきことを話しても新しいことを即興で考えてやろうとする」と苦笑交じりに話した。

潜在能力を知るからこそ
 アルトゥニアン氏は以前からジャンプの指導に定評がある。癖の少ない本田のジャンプについては「少し手直ししたくらい。クオリティーは上がっており、いいジャンプを跳び始めている」とさほど懸念はしていない。女子はジュニアも含めた若い選手を中心に難度の高いトリプルアクセル(3回転半)や4回転を組み込む時代になりつつあるが、現時点では視野に入れていないという。

 同氏には「特に女子選手がトリプルアクセルを跳ぶのなら、体が成長する前の13、14歳くらいで始めた方がいい。真央や、他に跳んでいる女子選手を見れば分かる。歴史が物語っている」という持論がある。本田は17歳。「彼女とは全ての演技要素をこなして、プログラムをクリーンに滑ろうと話している。加点をもらえるジャンプも持っている。きっちり滑れば(表現面などを評価する)演技構成点も高得点を出せる」と話した。
 それよりも今やるべきことがあるという。「スタミナを付け、体をいい状態に保ち、プログラムの細部に気を配ること」。練習メニューをきちんとこなすことを改めて付け加え、「やるべきことを繰り返しやってほしいと願う。そうすれば結果はついてくるんだから」と言って笑った。

◇潜在能力を知るからこそ
 厳しい言葉も投げかけるのは、潜在能力を知るからこそ。アルトゥニアン氏は「美しさと芸術的な表現力。滑っている姿を何度でも、いつまでも見ていたいと思わせるスケーター」と評し、本田が持つ教えられない部分の能力の底知れぬ高さを感じている。「スケーターが着実に結果を出せるようになるまでに2年はかかる。彼女の演技力と美しさをもってすれば、どこまででも上がっていける。五輪女王にだって、なれる」と期待してやまない。最後に、もう一度付け加えた。「スケートにどう向き合うかだ。それが全てだな」

濱田美栄「ライバルたちを大切に」宮原知子、紀平梨花に授けた教え。

Number Web によると。

 11月9日、10日に行われたフィギュアスケートのNHK杯女子は、紀平梨花が優勝、宮原知子が2位という結果とともに幕を閉じた。この大会で印象に残ったのは、2人を指導する濱田美栄コーチだった。

 試合後、記者陣から宮原へ紀平についての質問が相次いだ。紀平の存在をどう感じているか、紀平に次いで2位という結果に終わったことをどう受け止めているか、高難度のジャンプを持つ紀平とどう戦っていくのか……などだ。

 2人はともに関西大学のリンクで練習するチームメイトだ。ただ、試合になれば競い合う相手ともなる。だから、そうした質問も多かったのだろう。

 その関心は、両者を教える指導者にも向けられる。どう同じ大会に臨ませて、どう2人と接していたのか。
SP前日、2人に話したこと。
 濱田コーチは、ショートプログラムの前日、2人に対して食事の席でこのような話をしたという。

 「広島でのNHK杯、私自身に強い想いがありました。私の母は、被爆一世なんです。伯母さん、母の姉は13歳でこの世を去りました。それもあって、『今こうやって才能とチャンスに恵まれたのだから、好きなことをやり続けられる世の中に生まれたのだから、ベストを尽くそう』という話をしました」

  ベストを尽くして表彰台に上った彼女たちには、この教えがしっかりと伝わっていたに違いない。さらに別の教えもあった。

 「この街はまったくの焼け野原から、ここまで自分で立ち直ったわけじゃないですか。広島の人が悪いことしたわけじゃないじゃないですか。それでも助け合って、人のせいにせず、ここまで来た。文句を言うにも何もないわけですから。だから人のせいにしないでやろう、と私は言うんです」
「ライバル関係」の難しさ。
 スポーツでは「ライバル関係」がよく取り沙汰され、注目される。力が拮抗した状態で競い合えば、どちらが勝利するのかに関心が集まるのは自然なことだろう。それは選手本人も否応なく相手を意識せざるを得なく、自然の成り行きだろう。

 問題は、その先にある。

 ライバルと目される選手がいて、どんな関係を作り上げていくのか。もし普段の練習の仲間なら、日々、どう接するのか。そういった部分にも指導者は気を配らなければならない。なぜなら、その関係性が選手の今後を左右することがあるからだ。端的に言えば、足を引っ張り合うようになってしまえば、お互いの成長は望めない。

「エネミーではなく……」
 「相手の人が嫌だったので、試合前も変に気を遣って、自分でも“何だかな”とは思っていたんですけど……」

 これはだいぶ前に聞いた、ある競泳選手の言葉だ。相手を敵とみなしているようでは、自分の力を出し切ることはおぼつかない。

 だからこそ多くの指導者は、競争相手を“敵”ではなく“よきライバル”であると意識できるようになるか、選手への指導において努めているのだ。

 濱田コーチは、先の話の合間に「(同じ大会に)2人出すって難しかったんですけど」と話していたことから、腐心する部分もあったのだろう。実際、広島での実体験や伝えたかったことは心に残るものだし、濱田コーチが選手を育てるにあたって、何を大切にしているかも改めてうかがえた。

 それは日頃から語ってきたという次の言葉からも分かる。

 「エネミーではなく、ライバルたちを大切にしなさい。よきライバルが必要。大切にしなさい」

 相手の力を認め、それを糧にできる重要性を選手に伝えてきたのだ。
紀平と本田真凜の勝負では。
 一昨年の近畿選手権でのエピソードも印象深い。当時、紀平と本田真凜の勝負が注目されていた。

 両者は渾身の演技を見せ、僅差で紀平が優勝、本田が2位という結果となった。本田は体調不良の中での試合だったが、それでも好演技を見せた。その理由として本田は、濱田コーチからかけられた言葉を挙げた。

 「『梨花は、真凜を強くしてくれるんだよ』と言葉をかけてくれて」

 濱田コーチは大会後、こんな話をしている。

 「真凜のご両親が『梨花ちゃんのおかげで成長できる。本当にありがたい』と言っておられて、私もありがたいなと思いました」

 その言葉もまた、コーチとしての姿勢を表している。
紀平と宮原が口にしたこと。
 紀平は、試合後にこう語っている。

 「宮原選手のことは本当に尊敬していますし、いつも見習ってばかりで、本当に良い環境でいつも練習しているので、感謝したいです」

 一方で、試合後に何度も「悔しいです」と繰り返した宮原もこう話していた。

 「普段の練習から、たくさん刺激を受けることができているので、もっともっと頑張らないと、という気持ちを忘れずに、日々練習することができています。一緒に練習している紀平選手や、他の強い選手から、自分にはない良さを見て勉強したり、自分のものにできるように見たりしています」

 きっと2人はもっと高め合っていく。そう思わせる言葉だった。

本田真凜、右足首負傷も「私はもっと強くなる」

東スポWeb によると。

 フィギュアスケート女子の本田真凜(17=JAL)が22日、インスタグラムを更新し、右足首負傷からの早期回復を期した。

 グランプリ(GP)シリーズ第1戦、スケートアメリカで本田は合計158・04点で8位に沈んだ。ショートプログラム(SP)4位から巻き返しを狙ったフリーでジャンプに失敗。試合後、午前の公式練習から違和感を感じていた右足首を痛めたことを涙ながらに告白した。

 本田は投稿が24時間で消える「ストーリー」機能を使い、日本語で「ありがとうございました」とファンに感謝。

 続いて英語で「私をサポートしてくれてありがとう。早く回復したいです。私はコーチ陣とトレーニングを信じているし、もっと強くなるためにベストを尽くします」とつづり、前を向いた。

 次戦は第6戦のフランス杯を予定している。