「メドベージェワ」カテゴリーアーカイブ

メドベージェワが復活気配のSP首位発進 大激戦ロシア女子の世界3枠目争いは誰に?

デイリースポーツ によると。

 女子ショートプログラム(SP)が行われ、平昌五輪銀メダリストのエフゲニア・メドベージェワ(19)が76・89点で首位に立った。欧州選手権4位のスタスラニア・コンスタンチノワ(18)が75・47点で2位。元世界女王のエリザベータ・トゥクタミシェワ(22)は72・21点で4位につけた。

 光が見えた手応えに、思わず拳を握った。冒頭の3回転フリップ-3回転トーループを軽やかに決めると、すべてのジャンプを成功。SP「トスカ」をしっかりと表現し、表現力を示す5項目の構成点でもハイレベルな9点台を並べた。非公式ながら、“今季自己ベスト”の76・89点。演技を終えると、力強くガッツポーズを繰り出した。

 平昌五輪後、男子の羽生結弦などを指導するブライアン・オーサーコーチの指導を受けるため、ロシアを飛び出しカナダ、トロントへ。ただ、環境が大きく変わり、ジャンプなども見直す中、適応に苦しんだ。かつての正確無比なジャンプは影を潜め、GP2戦は3位、4位。12月のロシア選手権ではジュニア勢の台頭の前に、まさかの7位に沈んだ。

 ロシア国内からは批判的な声も上がる中、苦しみながらようやく復活の手応えをつかんだ演技となった。演技後は「満足はしてないけど、得点には納得している。まだ明日がある」と、フリーを見据えた。

 今大会で、3月の世界選手権(埼玉)の3枠目の切符が決まると見られている。ロシアは欧州選手権を制したサモドゥロワと、同2位だった平昌五輪金メダリスト、ザギトワの2人が有力。残る1枠をメドベージェワと、欧州選手権4位のコンスタンチノワ、GPファイナル3位のトゥクタミシェワが争っており、今大会の結果が大きく左右するとされている。

 4位のトゥクタミシェワまではわずか4・68点差。世界一厳しい3枠目争いを制するのは果たして…。

メドベージェワ、世界選手権切符獲得へロシア杯出場 現地紙「最後のチャンスだ」

THE ANSWERによると。

 フィギュアスケートの世界選手権は3月に埼玉で行われる。女子シングルで注目のロシア勢はまだ出場者が決まっていない。現状では補欠の2番手とされているエフゲニア・メドベージェワは、現地メディアによるとロシア杯(18日開幕)に出場予定。ワールド出場の可能性は依然として残しているようで、代表の座は混とんとしているようだ。

 日本行きの切符を手にするのは果たして――。「エフゲニア・メドベージェワの最新ニュース、ロシア杯に出場。彼女は世界選手権で演技するのか?」と題して特集しているのは、ロシアのスポーツ紙「スポルトエクスプレス」だった。

「メドベージェワが世界選手権の出場へ向け藁をもつかむ思いだ」と小見出しをつけて、メドベージェワが、18日から22日まで行われるロシア杯にエントリーしていることを伝えている。

「昨年末に行われたロシア選手権の後にシーズンが終わったように思われた彼女にとって、これは埼玉で行われる世界選手権に選ばれるための本当のチャンスだ」

 記事では昨年のロシア選手権で7位に終わり、世界選手権の出場権から遠ざかったかに思えたメドベージェワにとってのラストチャンスだとしている。

「彼女がヴェリーキー・ノブゴロド(ロシア杯の開催地)に行くことはロシアスケート連盟のアレクサンドル・ゴルシコフ会長がロシアメディアに伝えている。それが意味することはただ一つ。まさにロシア杯のファイナルが彼女にとって埼玉で行われる世界選手権に選ばれる最後のチャンスだということだ。そう、世界選手権のロシア代表の座を保証されていないものにとって」
世界選手権の代表争いは混とん
 記事ではロシア杯についても説明を加えており、「伝統的にジュニアの選手やエリートグループに入らない2、3番手の選手が演技する場と考えられている大会」で、メドベージェワ級の選手が出場することは少ないという。

 同紙では改めてロシアの世界選手権の代表争いの構図について説明。「ロシアから3人出場できる。2枠は現実的に(欧州選手権で優勝した)ソフィア・サモドゥロワとアリーナ・ザギトワで確定していると思われる。五輪女王にとって今シーズンがいかなるものになっているかを考えれば、ザギトワが出場を辞退する疑いもあり、それは十分に賢明な決断であるかもしれない」とやや安定感を欠くザギトワの現状を踏まえて推測している。

 そして3番目をメドベージェワと、エリザベータ・トゥクタミシェワが争っているとしている。

 平昌五輪の銀メダリストは、ロシア杯でどんな演技を見せるのか。そして世界選手権の代表選考の俎上に再び上がるのか――。最後の最後まで注目は尽きない。

メドベージェワ、祖国への思いや羽生結弦について語る

47NEWS によると。

 ロシア・メディアRT(電子版)は19日までに、平昌冬季五輪フィギュアスケート女子銀メダリストのエフゲニア・メドベージェワ選手(19)のインタビューを掲載。同選手は今季から移り住んだカナダでの生活や、男子で五輪2連覇を達成した羽生結弦選手(24)との関係などを率直に語った。 (共同通信=太田清)

 長年、金メダリストのアリーナ・ザギトワ選手らとともにロシアの女性コーチ、エテリ・トゥトベリゼさんに師事していたメドベージェワ選手は今シーズンから、同コーチの元を離れ、羽生選手を指導するカナダのブライアン・オーサー・コーチの元に移籍。一部ファンから「コーチを、祖国を裏切った」との批判が出ている。

 メドベージェワ選手は「将来どこに住むかと聞かれれば、間違いなくロシアよ。仕事のために何年かは、よその国に住むことはできても、将来は疑いなく祖国に帰る」と、カナダに移住するとの臆測を打ち消した。

 また、カナダでの「言葉の壁」の問題について「言葉(英語)が今よりそんなに悪かったとは思わないけど、最初の2週間はストレスから血糖値が落ちてしまって。リンクでコーチが指示してくれるけど、『これって何の話』と思って。すぐ休憩を取ってチョコレートを食べて。今ではもう慣れたけど」と、異国での苦労話も。カナダに来てコーヒーが大好きになったという。(ロシアでは一般にコーヒーより紅茶を好む人が多い)

 一方、羽生選手との「ロマンス」のうわさが以前から根強く流れ、一部ロシア・メディアはメドベージェワ選手が噂を打ち消すため、インスタグラムから羽生選手と一緒にいる写真を削除したりするなど、関係を遠ざけようと努めていると報じた。

 「うわさには冷静に対応しています。こんな話はいつもあったし、私との間だけじゃない。推理小説のような話ばかり。いったいどれだけ多くの人が、彼の相手として世話をされたことか(多くの根拠のない関係がうわさになったとの意味)。(根拠がないから)いつも全く冷静でいられます」と、笑いながら否定した。

 メドベージェワ選手は今シーズン不調が続き、シニアGPデビューの2015年から続いていたファイナル進出(17年は負傷欠場)が途切れてしまったほか、12月のロシア選手権ではショートプログラム(SP)で14位と「惨敗」、フリー4位と巻き返し、7位に食い込んだものの、まもなく始まる欧州選手権代表からは漏れた。

メドベージェワ、不振の演技を母国実況席はどう伝えた!? 「耐えて、ジェーニャ!」

THE ANSWER によると。

 フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ第6戦フランス杯で4位に終わった平昌五輪銀メダリストのエフゲニア・メドベージェワ(ロシア)。ロシアの女王が初めて表彰台を逃した瞬間を、母国ではどう伝えられたのだろうか。同国の国営放送の実況、解説の様子に迫った。

 ロシアの国営放送で解説を務めたのは、名伯楽のタチアナ・タラソワ氏。メドベージェワが演技を始めようとする時には「私たちは(あなたの良い滑りを)待っていて、(あなたを)愛しています(あなたの良い滑りを)期待しています」と祈るように語っている。

 冒頭のジャンプで着氷が乱れるなど、メドベージェワの万全ではない演技を見たタラソワ氏は演技途中で「(彼女に)時間をあげてください」と口にし、新天地での練習環境の変化などに適応するのに時間がかかることへ理解を求め、演技後半に体力的に苦しい場面でステップするメドベージェワに手拍子するフランスの観客に対して「愛すべきフランスの観衆のみなさん、応援ありがとうございます」とロシアを代表するように、感謝の意を表した。

 さらにフィニッシュに向け最後の力を振り絞って演技するメドベージェワに対して「会場は私たち(ロシア)の邪悪なジャーナリストたちのみで構成されていない、会場は(メドベージェワを)愛して、理解して、非難せずに、ともに体験する人々で構成されている!」とヒートアップ。そして演技終了後には、開口一番「耐えて、ジェーニャ!」とも叫んだ

 演技後には男性の実況は「私たちは皆さんとともにすべてを見ました、思うに多くのミスがあったのも見ました。私はそれを今、分析し強調するのは意味がないと思います。私たちにとってジェーニャは女王です、2度の世界女王です」と母国の誇りだと強調。
タラソワ氏は最後まで擁護「私たちはすべて覚えているし知っている」
 さらに実況は途中でタラソワ氏が名前を挙げた、マリア・ブチルスカヤ(99年のヘルシンキ世界選手権で優勝)、イリーナ・スルツカヤ(ソルトレークシティ五輪銀メダル、トリノ五輪銅メダル)、エリザベータ・トゥクタミシェワ(15年世界選手権で優勝後、長いスランプを経て今季復活)を紹介し、「彼女たちはよい例で皆、自分の歴史があったはずです、勝利の歴史、敗北の歴史が」といずれも長いキャリアの中で栄光と挫折を味わった同じロシアの女子スケーターにフォーカスして、メドベージェワのこれからの挽回に期待していた。

 それを受けてタラソワ氏は「今日の夜も容易でないと思うし、昨日の夜も容易でなかったと思います。私たちが眠れなかったのであれば、彼ら(メドベージェワとオーサー氏)も眠れなかったと思う」と独特の表現でメドベージェワの現在の状況を気遣い、その後に「耐えて、ジェーニャ!」と再び叫んだ。

 続けるように実況は「ドラマチックな瞬間ですが、破滅的な瞬間ではありません。シーズンは続きます。試合は続きます。ジェーニャを愛し、彼女がエテリ・トゥトベリーゼコーチたちと成し遂げたすべてを覚えているファンたちの信心は…」と語ると、タラソワ氏は「私たちはそれをすべて覚えているし知っている」とコメントし最後までメドベージェワを擁護する姿勢を見せていた。

 タラソワ氏は別のメディアに対して、ロシア国内でメドベージェワに対して厳しい目を向ける外野から、心ない声が上がることに対して、批判的な意見を述べていた。

 一貫して擁護を繰り返しているロシアの重鎮。その溢れる愛情に、メドベージェワも救われているに違いない。

白シャツのメドベージェワ、エキシビションでも観客魅了

朝日新聞デジタル によると。

 フィギュアスケートの今季のグランプリ(GP)シリーズ第2戦のスケートカナダが27日(日本時間28日)に閉幕した。一夜明けた28日(同29日)、日本の選手たちは報道陣の取材に応じた。

 GPシリーズ初挑戦で表彰台にあがった女子の山下真瑚(愛知・中京大中京高)は「終わった時は『よかったな』って思ったけど、ちょっと考えてみたら、やっぱり違うなって」といい、「まだ追いつけていない部分がたくさんあった。もっと練習しないといけない」と気持ちを新たにしていた。友人からの祝福のLINEも多く、「おめでとうって、たくさんきました。何通? それは、分かんないです。ちょこちょこ返しています」と笑顔で語った。

 悔しい思いをした選手もいる。昨季の世界選手権銀メダルの樋口新葉(東京・開智日本橋学園高)は痛めた右足をかばいながらの演技だった。「悔しかったですけど、正直、安心した部分もあった。SPとフリーで最後まで滑れないかもしれなかったから。でも、安心してたらダメだなって。目標の全日本選手権まで時間がないので」。松田悠良(中京大)も足のけがを抱えながら、大会に臨んだ。「自分のできる範囲の演技はできたけど、全然満足はしていない」

 男子の昨季世界選手権5位の友野一希(同大)はジャンプの失敗もあり、総合9位に終わった。「まだ、映像を見れるメンタルではない。それくらい悔しい。でも、練習してきて、自信があったから、これだけ悔しいんだと思う。この悔しさを忘れずにやっていきたい」と必死に前を向いた。

 この日はエキシビションもあり、日本勢は男子で優勝した宇野昌磨(トヨタ自動車)、女子の山下、樋口が出演。宇野は黒の衣装に赤色のネクタイ姿でしっとりと舞った。女子で優勝したエリザベータ・トゥクタミシェワ(ロシア)はキャビンアテンダント姿の衣装を着て登場。平昌五輪女子銀メダリストのエフゲニア・メドベージェワ(ロシア)は黒の衣装に白いシャツ姿で、持ち前の表現力を存分に発揮して観客を魅了した

メドベージェワ、同門のザギトワに敗れた失意の平昌五輪から8カ月、まず第一歩を刻んだ。

デイリースポーツ によると。

 女子フリーが行われ、SPで自己ワーストの7位だった平昌五輪銀メダリストのエフゲニア・メドベージェワ(18)=ロシア=は、フリートップの137・08点をマークし、197・91点で3位に入った。

 今季シニアデビューでSP3位発進の山下真瑚(15)=愛知・中京大中京高=が、136・76点をマークし、合計203・06点でGPデビュー戦で2位となる快挙。SP2位発進の樋口新葉(17)=東京・開智日本橋学園高=は114・78点の合計181・29点で6位。優勝は203・32点のエリザベータ・トゥクタミシェワ(ロシア)で、SP1位から逃げ切った。

 五輪銀メダリストが意地を見せた。気迫をほとばしらせながら、フリー「リベルタンゴ」を演じきったメドベージェワが、SPの悪夢を振り払い、表彰台を死守した。修正中の3回転ルッツはエッジエラーをとられ、回転不足もあったが、すべてのジャンプを着氷。演技後は花冠を頭に乗せ、ホッとしたような笑顔を見せた。

 拠点をロシアからカナダに移し、羽生結弦と同じブライアン・オーサーコーチを師事して、新たなシーズンを迎えた。SPでシニア転向後ワーストとなる7位に沈み、「本当に落ち込んだ」と振り返った。それでも午前1時までオーサーコーチと話し込み、悪いイメージを吹っ切った。「彼は本当に支えてくれたし、気持ちを強くしてくれた」。オーサーも「長い24時間だったね」と、笑った。

 同門のザギトワに敗れた失意の平昌五輪から8カ月。復権を目指す18歳が、まず第一歩を刻んだ。

メドベージェワSP7位出遅れ、連続ジャンプでミス

日刊スポーツ によると。

平昌五輪銀メダリストで、今季からカナダに活動拠点を移したエフゲニア・メドベージェワ(18=ロシア)が60・83点の7位と出遅れた。演技後半の3回転フリップで着氷時に膝をつき、連続ジャンプがない構成。スピンの1つもレベル2(最高は4)など精彩を欠き、得点表示を見ると首をかしげた。

昨季中盤までシニアで敵なしだったメドベージェワだが、右足中足骨のけがで五輪を前に苦しんだ。五輪本番では会心の演技を披露し、シーズン前にカナダへ拠点を移したが、今季初戦のオータム・クラシックでも2位にとどまり「ミスが多くあった」と振り返っていた。22年北京五輪への再出発となるシーズンは、苦しみながらのスタートとなっている。