「ブログの話題」カテゴリーアーカイブ

池江璃花子の白血病「がっかり」「下火にならないか心配」 桜田五輪相に批判殺到

BuzzFeed Japan によると。

競泳の池江璃花子選手が2月12日、Twitterで白血病を告白したことを受け、桜田義孝オリンピック・パラリンピック担当大臣は記者団に対し、「がっかりしている」「盛り上がりが若干、下火にならないか心配している」などと発言した。ネット上では「コメントがひどすぎる」「人としてありえない」といった批判が広がっている

池江選手は「未だに信じられず…」
池江選手は1月18日からオーストラリアで合宿を行なっていたが、体調不良のため予定を早めて帰国。2月12日午後にTwitterで次のように明かした。

《緊急帰国し検査を受けた結果、「白血病」という診断が出ました。私自身、未だに信じられず、混乱している状況です。ですが、しっかり治療をすれば完治する病気でもあります。

今後の予定としては、日本選手権の出場を断念せざるを得ません。今は少し休養を取り、治療に専念し、1日でも早く、また、さらに強くなった池江璃花子の姿を見せられるよう頑張っていきたいと思います》
「一番言ってはいけない言葉」
NHKの報道によると、桜田五輪相は池江選手の発表を受け、記者団に対してこう語ったという。

「金メダル候補で、日本が本当に期待している選手なので、がっかりしている。早く治療に専念して頑張ってもらいたい。また、元気な姿を見たい。1人リードする選手がいると、みんなつられて全体が盛り上がるので、その盛り上がりが若干、下火にならないか心配している」

「頑張ってもらいたい」「元気な姿を見たい」と気遣う言葉もあるものの、「がっかり」「下火にならないか心配」という部分が配慮に欠けるとして、問題視されている。

Twitterでは「一番言ってはいけない言葉」「大臣のコメントにがっかり」などの批判が殺到している状況だ。

桜田五輪相はサイバーセキュリティー担当も兼務しており、過去には「従業員や秘書に指示してやってきたので、自分でパソコンを打つことはない」という答弁が波紋を呼んだこともある。

四大陸選手権で初優勝した宇野昌磨選手
「宇野選手の爪の垢を…」
一方、フィギュアスケートの宇野昌磨選手は、池江選手について報道陣に問われ、自身の「無知」を認め「発言できる権利はない」と述べたことが称賛を集めている。

「僕はすごく無知なので、白血病の詳しいことは答えられない。ケガや病気は自分が苦しい。自分が無知な状態で発言できる権利はない」(日刊スポーツより)

ネット上では両者の対応を比較し、「宇野選手の爪の垢を煎じて飲ませたい」という声もあがっている。

池江璃花子の白血病告白に絶句「声も出なかった。信じられない」

サンケイスポーツ によると。

 競泳日本代表の平井伯昌ヘッドコーチが12日、チームの米グアム合宿を終えて成田空港着の航空機で帰国し、女子の池江璃花子(ルネサンス)が白血病を公表したことについて「絶句。声も出なかった。信じられない」と神妙な面持ちで話した。

 この日午前の練習中に日本連盟の上野広治副会長、池江を指導する三木二郎コーチから連絡を受け、詳しい病状を知ったという。機内ではインターネットをつなぎ、上野副会長らが開いた会見の映像を確認した。

 池江は個人種目のみならずリレー種目でも日本代表の主軸を担う。7月の世界選手権(韓国)は2020年東京五輪の出場権が懸かるだけに、「(池江が)出られないのは大打撃」と話した。

イケア、使い捨てプラ製品販売中止へ…海洋汚染への懸念から

TBS系(JNN) によると。

 家具販売大手のイケア・ジャパンは、2020年までに、ストローなど、使い捨てプラスチック製品の販売を中止すると発表しました。

 「ストローなどプラスチック製品の販売を全てイケアから取りやめます」(イケア・ジャパン ヘレン・フォン・ライス社長)

 イケア・ジャパンが2020年までに販売を中止するのは、使い捨てのプラスチック製ストローのほか、ごみ袋やフリーザーバッグなどです。すでに製造は中止したということで、在庫を売り切り次第、販売を終了するということです。

 海洋汚染への懸念から国内外でプラスチックごみを規制する動きが広がっていて、2020年までに外食大手のすかいらーくホールディングスのほか、アメリカの「スターバックス」もプラスチック製ストローの利用を廃止すると発表しています。

本田真凜のアメリカ新生活。 「言葉と食事以外、全部よかったです」

webスポルティーバ によると。

 フィギュアスケートの全日本シニア強化合宿が、7月22日から25日まで、長野県軽井沢町で行なわれ、24日には氷上練習や表現トレーニングなどが報道陣に公開された。

 この日は、平昌冬季五輪女子4位の宮原知子、世界選手権2位の樋口新葉らトップスケーターを含む女子10人、男子5人が参加。2018-19シーズン用のプログラムを滑ってチェックを受けたり、2006年トリノ五輪男子銅メダルのジェフリー・バドル氏(カナダ)からスケーティングやスピンなどの技術指導を受けたりするなど、内容の濃いメニューをこなしていた。

 そのなかには、今春から練習拠点をロサンゼルスに移した本田真凜(16歳)の姿もあった。

 本田はロサンゼルスで、ネイサン・チェン(アメリカ)ら、世界トップスケーターを指導するラファエル・アルトゥニアンコーチに師事している。昨年10月のジャパンオープンのときにアルトゥニアンコーチと話す機会があり、コーチからトライアウトを受けてみたらどうかと誘われたのが、海外に拠点を移そうと思うきっかけになった。

「アメリカには、ラファエルコーチから来てみたらと言われたので、自分の可能性を伸ばすために一度トライアウトを受けてみようと思って行きました。トライアウトはすごくきつくて、この練習をしたら強くなれるんじゃないかなと自分で思ったので、拠点を変えました」

 4月下旬のプリンスアイスワールドに出演した後、兄の太一とともにアメリカ入りすると、日本でのアイスショーや合宿参加などで日本と米国を行ったり来たりしながら、スケート漬けの充実した毎日を送っている。

「朝8時から夕方5時くらいまでリンクにいて、氷上練習や陸上トレーニング、ダンスなど、いろいろやっています。朝のアップから最後のトレーニングが終わるまで、ずっとコーチたちがついて、つきっきりで教えてくれるのに驚きました。ネイサンやアシュリー(・ワグナー)とか、みんなすごい選手たちと一緒のレッスンなので、いい環境で練習できて学ぶことがたくさんあります。

 いまのところ、言葉と食事以外は全部、アメリカに来てよかったなと思うことばかりです。言葉については、スケートのなかでの単語は、日本でも使われる言葉なのでわかるんですけど、普段の会話で言いたいことを何と言えばいいのかわからなくて、モヤモヤする感じです。だけど、それも頑張っていきたいなと思います。

 食事は日本食がすごく好きなので、一カ月を超えるとだいぶ日本食が恋しくなります。でも、日本にいるときに比べて、本当に気楽にどこかに遊びに行くことができないので、スケート中心の生活ができています」

まだ25歳…デニス・テンさんに浅田真央らトップスケーターが追悼の声

クランクイン! によると。

 2014年のソチオリンピックで銅メダルを獲得したフィギュアスケート選手、デニス・テンさんが19日、故郷カザフスタンで暴漢に襲われ25歳で亡くなったことについて、フィギュアスケート界から続々と追悼の声が上がっている。

 日本の羽生結弦がアジア人初の金メダルを獲得したソチ五輪。同大会銀メダリストのパトリック・チャン(カナダ)は同日、自身のツイッターで「デニス・テンさんとリンクを共有できたことを光栄に思い、感謝しています。最も美しいスケーターの1人でした。ご家族と思いを共にし、彼との思い出を永遠に大切に…」とつづっている。

 美しいビジュアルと品のあるスケーティング、そして優しくチャーミングな人柄でファンのみならず同業の選手たちにも好かれていたデニスさん。アイスショーなど交流のあった浅田真央は彼との笑顔の2ショットを自身のインスタグラムに載せ、「なぜ、どうして、信じられません、信じたくありません。大切な仲間の命が奪われたなんて、辛いです、悲しいです。日本のショーに来てくれたり、カザフスタンのショーに呼んでくれたり、カナダやロシアで一緒に練習やテニスやバーベキューをしたりしました。とても優しくて、面白くて、いつも一生懸命な人でした」とつらい思いを吐露。

 小塚崇彦は「この前LINEしたばっかじゃん…ショー呼んでくれて…ブレード届くの楽しみにしてるって…デニス嘘だろ?? ちょっと気持ちの整理がつかない。。」と、彼とのLINEのトークルームのスクリーンショットを投稿。高橋大輔も「デニス…本当言葉が見つからない。誰にでも優しかった人がどうして。まだまだこれからだったのに。信じられない」と、デニスさんの笑顔を正面から撮影したモノクロームの写真を投稿している。

 織田信成は「先月カザフスタンでのデニスのアイスショー本当に素晴らしかった。デニスもすごく満足してて喜んで、またこのメンバーでしようね!って話してたのに…本当に本当に信じられへんし悲しいし悔しい。。」と彼を含めた3ショットを投稿。荒川静香は「何かの間違いではないか…信じられない信じたくない突然の訃報に心が痛みます…思い浮かんでくるのは彼の明るく優しい笑顔ばかりで…いつもいつの間にか写真を撮ってくれていて送ってくれて…本当に信じられない…悲しい…」とコメント。村上佳菜子は「デニス…やだやだ!信じられない!嘘って言って…!!お願いだから、大事な仲間を奪わないで!!!!!!!デニス戻ってきて…っ!」と悲痛な思いをつづっている。

 他にもエフゲニー・プルシェンコ(ロシア)、ジョニー・ウィアー(アメリカ)、ハビエル・フェルナンデス(スペイン)、ジェイソン・ブラウン(アメリカ)、カロリーナ・コストナー(イタリア)、ジェフリー・バトル(カナダ)、タラ・リピンスキー(ロシア)ら世界中から、彼の才能と人柄を惜しむ声が続々と寄せられている。

先発6人変更、他力本願パス回し…世紀の大博打に出た西野監督「本意ではないけど」

ゲキサカ によると。

 世界の歴史でも例を見ない一世一代の大ギャンブル――。0-1というビハインドのまま時間稼ぎに出た日本代表は、フェアプレーポイントによるわずかな差で決勝トーナメント進出を決めた。大博打策に出た西野朗監督はホッとした表情でテレビインタビューに応えた。

 第1戦のコロンビア戦、第2戦のセネガル戦は同じスターティングイレブンで臨んだが、ここに来て一気に6人を変更。W杯デビューの選手が3人を数え、本来はサイドバックのDF酒井高徳を右サイドハーフで起用するなど、突破の可能性を大きく残しているチームとしては異例の起用に打って出た。

 ボルゴグラードを襲った酷暑の影響もあり、日本は立ち上がりからスイッチを入れられない。スコアレスで前半を終えたものの、後半14分にセットプレーからゴールを割られて失点した。だが、後半途中に他会場のコロンビアが先制。この情報が入ったのか、日本はMF長谷部誠を入れてボール回しをするギャンブル策に出た。

 このまま0-1で試合は終わり、残るは他会場の結果次第。やや遅く終わったコロンビアが1-0で勝利し、日本は直接対決で引き分けていたセネガルと同勝ち点、同得失点、同総得点となり、イエローカードとレッドカードの数で決まるフェアプレーポイントの差でグループリーグ2位突破が決まった。

「チームとすれば本意ではないけど、勝ち上がる中での戦略的なところなので、選手も本意ではないけど、成長していく中での一つだと思う」。先発6人変更の起用策、最終盤の時間稼ぎ、他力本願の大博打に打ち勝った西野監督はそう振り返った。

「他会場の流れもありますし、多様性が問われるゲームだったと思いますし、ピッチ上の選手は難しかったと思う」と選手を称えると、「ここまでは今までもあった状態なので、これから強いチャレンジを持ってやっていきたい」と気持ちは次の試合へ。決勝トーナメント1回戦は7月2日、G組1位のベルギーあるいはイングランドと対戦する。

W杯初ゴールを喜ぶ大迫「子供のころからの夢だった」

ゲキサカ によると。

 決勝点を決めた日本代表FW大迫勇也がマン・オブ・ザ・マッチ(MOM)に選ばれ、試合後の記者会見に出席した。

 1-1の後半28分、MF本田圭佑の左CKに頭で合わせ、W杯初ゴールとなる勝ち越しゴールを決めたストライカーは「W杯で得点を取ることは子供のころからの夢だった。この舞台で点を取れて素直にうれしかった」と喜んだ。

 前半3分、PK獲得につながるシュートも放ち、「監督からは絶対に受け身にならないこと。前から行こうと話していた。W杯という大きな舞台では何が起こるか分からない。本当にいい入りができたと思う」と振り返った。