「スケートの話題」カテゴリーアーカイブ

中居正広、村上佳菜子の“ミス”にツッコミ「えっ! 飛ばない!?」

ザテレビジョン によると。

2月15日に放送された「中居正広の金曜日のスマイルたちへ」(TBS系)に、プロフィギュアスケーター村上佳菜子が登場。タレント転向後のブレークの秘密に迫る中で、選手時代の意外なエピソードを明かす場面があった。

村上の選手生活に影響を与えた二人の天才として、浅田真央と羽生結弦のエピソードを紹介した。浅田と初めて出会った時の印象として「すごい人が来たって思いました。でもすごい優しいんですよ」と村上。

出会った頃から浅田のことが大好きで、浅田の背中を追いかけるように練習に励んだところ、ジュニア世界一に輝いた。

しかし、シニアに上がってからの成績は25戦で2勝。成績が振るわなかった原因として、村上は「勝ちたいと思って滑ったことは本当に1回もないですね」と闘争心がなかったと明かした。

「『ライバルに勝ちたいからあのジャンプを飛ぼう』と思ったことは一度もないです」と振り返った村上。尊敬する浅田もライバルの一人で、近づきたいと思ったことはあるが、勝てるとは思ったことがないと明かした。

「よく先生からはアスリートに向いてないって言われてました(笑)」と山田満知子コーチから指摘されたこともあったが、村上は「確かになーって思いながらいつもその先生の言葉を聞いていました」と笑顔で語った。

村上は「勝てると思うと緊張しちゃう癖」があるといい、ある大会では、序盤は順調に滑っていたものの、ジャンプをすべき場面でタイミングを逸し、2回もジャンプをスルーした他、大技でのミスではなく、なんでもないところで転倒したことなどをVTRで振り返った。

「練習でもほとんどしないんですけど、そんなミス。なぜか試合でやっちゃうんですよね。不思議ですね」と当時を回想する村上。続けて「『不思議ですね』じゃないですよね(笑)」とツッコミながら笑ってみせた。

中居は「『えっ! 飛ばない!?』っていう(笑)。飛んでミスじゃないですよ? 飛ばないですよ! やらないミスってあります? 野球でいったらバッターボックスに立たない…」とツッコミを入れたが、最後に「でもあれがチーム佳菜子なのかな」とフォローしていた。

SNS上では「村上さんの人気の理由がわかった」「試合で失敗した時の顔が大物の証」などの声が寄せられた。「中居正広の金曜日のスマイルたちへ」は、毎週金曜夜8時57分から放送。(ザテレビジョン)

14歳トルソワ、“世界記録級”フリー164.44点で大逆転V! …ロシアジュニア選手権

THE ANSWER によると。

 フィギュアスケートのロシア・ジュニア選手権が3日(日本時間4日)、女子フリーが行われ、ショートプログラム(SP)7位のアレクサンドラ・トルソワが164.44点を記録し、合計233.99点で逆転優勝を飾った。アリョーナ・コストルナヤが230.79点で2位。アンナ・シェルバコワが223.97点で3位だった。

 トルソワはSPで出遅れていたが、フリーで164.44点という驚異的なスコアをたたき出し、SP首位のコストルナヤを上回った。参考記録ながらフリーの164.44点は、シニアを含めてもアリーナ・ザギトワが記録した2018-19シーズンの世界最高記録を上回っている。

 上位3選手は昨年12月のロシア選手権でもシニアを上回り表彰台を独占していた。トルソワは連覇がかかる3月の世界ジュニアでの演技にも注目が集まる。

坂本花織、連覇へ「死ぬ気でがんばる」 三原舞依、2年ぶりVへ「まずまず」

スポーツ報知 によると。

 フィギュアスケートの四大陸選手権は7日に米国・アハナイムで開幕する。昨年覇者で全日本女王の坂本花織(18)と、2017年大会覇者で全日本選手権4位の三原舞依(19)=ともにシスメックス=が現地時間の3日、田中刑事(24)=倉敷芸術科学大学大学院=、友野一希(20)=同大=とともにロサンゼルス空港に到着した。

 連覇がかかる坂本は「死ぬ気でがんばります」と気合十分。三原は2年ぶりの優勝へ「調子はまずまずです。かおちゃんが死ぬ気で頑張ると言っているので、私は死なない程度に頑張ります」と笑顔を見せていた。

引退のフェルナンデス有終の美、フィギュア欧州選手権7連覇

AFP=時事によると。

フィギュアスケート欧州選手権(ISU European Figure Skating Championships 2019)は26日、ベラルーシのミンスクで男子シングル・フリースケーティング(FS)が行われ、今大会限りでの引退を表明しているハビエル・フェルナンデス(Javier Fernandez、スペイン)が合計271.59点で優勝を飾り、大会7連覇を果たして有終の美を飾った。

 平昌冬季五輪で銅メダルを獲得したフェルナンデスは、「ラ・マンチャの男(Man of La Mancha)」の曲に乗せたFSのルーティンで179.75点を記録し、ショートプログラム(SP)3位からの逆転優勝を果たした。欧州選手権優勝7回は、エフゲニー・プルシェンコ(Evgeni Plushenko、ロシア)氏と並ぶタイ記録となっている。

 フェルナンデスは「五輪後の長期休養後で戦うのは難しく、本当に厳しいものだった。キャリア最後の大会だと決めていたから、ここでの優勝は本当に難しかった」とコメントした。

 ショートプログラム(SP)で2位につけたアレクサンドル・サマリン(Alexander Samarin、ロシア)は、合計269.84点で2位を維持。3位には合計247.08点でマッテオ・リッツォ(Matteo Rizzo、イタリア)が続いた。

 アイスダンス・フリーダンス(FD)では、リズムダンス(RD)で首位に立ったフランスのガブリエラ・パパダキス(Gabriella Papadakis)/ギヨーム・シゼロン(Guillaume Cizeron)組がほぼ完璧な演技を披露し、自己ベストの133.19点を記録。合計でも同カップルが持つ世界最高記録を更新する217.98点をマークし、大会通算5度目の優勝を飾った。

 昨年大会で3位に入ったロシアのアレクサンドラ・ステパノワ(Alexandra Stepanova)/イワン・ブキン(Ivan Bukin)組が合計206.41点で2位に、イタリアのシャルレーヌ・ギニャール(Charlene Guignard)/マルコ・ファッブリ(Marco Fabbri)組が合計199.84点で3位に入った

劇的有終Vのフェルナンデス 重圧なんの「ユヅルの後に滑ったこともあるから」

デイリースポーツ によると。

 男子フリーが行われ、今大会を最後に現役を引退する元世界王者で、平昌五輪銅メダリストのハビエル・フェルナンデス(27)=スペイン=は、フリー1位の179・75点をマークし、合計271・59点でSP3位から逆転優勝。現役“ラストダンス”で、欧州7連覇を達成し、有終の美を飾った。

 現役最後の演技。ラストダンスに選んだのは平昌五輪でも舞った「ラ・マンチャの男」。冒頭の4回転トーループ-3回転トーループの連続ジャンプは乱れたものの、続く代名詞の4回転サルコーを完ぺきに決め、流れをつかんだ。その後はミスはあったものの、母国由来の思い入れのあるプログラムを雄々しく舞ってみせた。

 記者会見では「ここにこられて、うれしい。キャリアを終える寂しさはあるけど、今日までスケートができたことを誇りに思う」と、すがすがしい表情を浮かべた。直前で2位に入ったサマリンが完ぺきな演技を見せ、会場が沸いた状況だったが「すごい滑りだったし、(歓声は)聞こえていた。リンクがエネルギーに満ちていた。でも僕にはたくさんの経験がある。ユヅル・ハニュウの後に滑ったこともあるから。勉強になるよ」と、笑った。

 演技後は万感の笑顔を浮かべ、リンクを出る時には、長く氷に触れ、別れを告げた。出迎えたブライアン・オーサーコーチとがっちり抱き合った。大会前にはカナダ、トロントで、長らく指導を受けてきたオーサーコーチのもとで最後の練習を行い、リンクメイトとして切磋琢磨してきた盟友の羽生結弦とも再会していた。羽生からは五輪スポーツを報じる「Olympic Channel」に掲載された動画を通じて、日本語で「頑張って、ハビ!」と話し、最後にスペイン語で「バモス!(いけ!)」とエールを送られていた。

 盟友の思いに応える魂の演技を披露し、欧州7連覇を達成。長らく氷上を彩ってきた個性派スケーターが、最高の形で銀盤を去った。

フェルナンデス “引退試合”欧州選手権SPは3位発進

スポニチアネックス によると。

 フィギュアスケートの欧州選手権は24日、ベラルーシ・ミンスクでで男子ショートプログラム(SP)が行われ、今大会での引退を表明している平昌五輪銅メダリストのハビエル・フェルナンデス(27=スペイン)が7連覇を目指し、最終滑走者として登場し、91・84点で3位発進した。

 今大会のフェルナンデスのプログラムは、SPが15年シーズンと16年シーズンで使用した「マラゲーニャ」。今季は試合には出場していなかったが、4回転トーループ―2回転トーループ、4回転サルコー、3回転半と2本の4回転を入れるジャンプ構成で臨み、回転不足や着氷の乱れがあったものの全て着氷。最初から観衆の手拍子が響く中、情感たっぷりに滑りきった。

 昨年の世界選手権3位のミハイル・コリャダ(23=ロシア)が、冒頭の4回転トーループ―3回転トーループなど、3つのジャンプをきっちり決め、ただ一人100点台に乗せるシーズンベストの100・49点をマークし首位に立った。アレクサンドル・サマリン(20=ロシア)が冒頭の4回転ルッツ―3回転トーループをきっちり決め91・97点で2位、フランス大会王者のケビン・エイモズ(21=フランス)がスピード感のある演技を見せ88・02点で4位に付けた。

 アリーナ・ザギトワ(16=ロシア)が首位に立っている女子のフリーは25日、男子のフリーは26日に行われる。

「マギレコ」ザギトワ&メドベージェワの“再会”が氷上で!女子フィギュア金・銀メダリスト共演の新CM

アニメ!アニメ!によると。

スマートフォンゲーム『マギアレコード 魔法少女まどか☆マギカ外伝』が、女子フィギュアスケート金メダリストのアリーナ・ザギトワ選手、および銀メダリストのエフゲニア・メドベージェワ選手が出演する新CM“再会篇”を制作した。1月21日より全国でオンエアがスタートする。

本新CMは、『マギアレコード 魔法少女まどか☆マギカ外伝』のリリース1周年を記念して2018年8月に放送された、ザギトワ選手出演のCM“変身篇”に続く第2弾にあたるもの。

撮影はロシア・モスクワにて行われ、ザギトワ選手は前回に引き続き「鹿目まどか」をイメージした衣装、初出演のメドベージェワ選手は「暁美ほむら」をイメージした衣装を着用。「まどか」と「ほむら」の再会がアイスリンク上の演技で表現されており、両選手にとっては日本のTVCMで初のコラボレーションとなった。

ザギトワ選手は新CMにあたって「再び“まどか”を演じることができて、とても嬉しい。(CM内容は)非常に感動的な“再会”のストーリーです」とコメント。
メドベージェワ選手は「私は日本のアニメが大好きなので、“ほむら”の役が演じられてとても嬉しい。多くの方に今回のCMを見ていただきたいです」と初出演を喜んだ。

『マギアレコード 魔法少女まどか☆マギカ外伝』新CM“再会篇”は、1月21日より全国にてオンエア。TVアニメ『魔法少女まどか☆マギカ』と同じ梶浦由記による音楽、暁美ほむら役の声優・斎藤千和によるナレーションにも耳を澄ませたい。

高橋大輔、来季は国際大会も…4回転はサルコー加え2種類

時事通信 によると。

 フィギュアスケート男子で今季現役に復帰し、昨年12月の全日本選手権で2位に入った高橋大輔(関大ク)が12日、来季について、国際大会への出場に意欲を示した。東京都内でスポンサーのイベントに出席し、「(チャレンジャー・シリーズなどの)B級戦には出てみたい」と話した。

 来季のジャンプ構成について、4回転は「ショートプログラムとフリーで1本ずつ。トーループは(今季)跳べたので、サルコーを成功できるようになればうれしい」と話し、2種類に挑む考えを示した。今季は全日本のフリーで4回転トーループを組み込んだが、決まらなかった。大会中の公式練習では連日着氷していた。

トゥクタミシェワ、復活の“3連続ジャンプ公開”に反響 メドベも「ハート」で祝福

THE ANSWER によると。

 フィギュアスケートのエリザベータ・トゥクタミシェワ(ロシア)がインスタグラムを更新。肺炎のためロシア選手権を欠場していた22歳は氷上の練習を再開しており、華麗に3連続ジャンプを決める瞬間を動画付きで公開。ファンを「女皇が戻ってきた」と安心させ、母国の後輩エフゲニア・メドベージェワ(ロシア)も祝っている。

 リーザが氷上に帰ってきた。トゥクタミシェワは13日にインスタグラムを更新。掲載したのは1本の動画だった。何人ものスケーターが滑走するリンク。黒の練習着に身を包んだトゥクタミシェワは勢い良く踏み切り、3連続ジャンプを着氷させた。まだまだ本調子ではにだろうが、美しいスケーティングが確かに氷上に戻ってきた。

 投稿では「次第に元の形に戻ってきている。ついに私の気に入ったジャンプが跳べたわ」と復調に手応え。元気な姿を見たファンも「頑張って」「私たちはあなたを信じている」「女皇が戻ってきた」「女王にとっては簡単」とコメントが相次ぎ、メドベージェワもハートの絵文字で復活を祝した。

 15年の世界選手権を制したトゥクタミシェワは長く苦しいシーズンを送っていたが、今季はグランプリ(GP)シリーズのスケートカナダで優勝。GPファイナル3位に入るなど、復活を遂げた。しかし、直後のロシア選手権の前に肺炎を発症。大会を欠場し、容体が心配されていたが、元気な姿に多くのファンも安堵した様子だった。

 21日開幕の欧州選手権は欠場するが、補欠1番手となっている3月の世界選手権は繰り上がりが濃厚とロシアメディアに伝えられている。妖艶な演技でファンを魅了するリーザが再び、大会で華麗に舞う姿が待ち遠しい。

村上佳菜子、ドラマ初出演!「グッドワイフ」第2話ゲストに

シネマトゥデイ によると。

 プロフィギュアスケーターの村上佳菜子が、常盤貴子主演のTBS日曜劇場「グッドワイフ」でドラマ初出演を果たすことが明らかになった。1月20日夜9時放送の第2話に、宝飾店の店員役で登場する。

 13日より放送開始となる本作は、夫が汚職疑惑で逮捕された上に女性問題も発覚するという最悪な事態に見舞われた妻・蓮見杏子(常盤)が、子供たちを守るために16年ぶりに弁護士に復帰し、数々の困難に立ち向かう姿を爽快に描くリーガルヒューマンエンターテインメント。
 宝飾店の店員を演じる村上は、杏子が夫の汚職容疑に対して疑いを深める大事なシーンで登場。念願のドラマ出演に、村上は「ずっとやってみたいなと思っていたので、お声がけいただいたときは本当にうれしかったのですが、とても緊張しました」と喜びをにじませた。
 役づくりのため、知り合いを通じて事前に宝飾店店員の所作や言葉遣いなどをリサーチして撮影に臨んだ村上だが、フィギュアスケートとは「全然違う緊張」だったという。「フィギュアスケートも演技をするのですが、言葉を発して表現するのは本当に初めてだったので、同じ“表現する”ということでも全く違うなと感じました」。
 自身の演技は、「70点くらいかな?(笑)」と評価。「私はダブルアクセルが苦手なのですが、アクセルが決まったときくらいの達成感はありました(笑)」と充実した様子だった。氷上で観客を魅了してきた村上が、ドラマでどのような演技を披露するのか期待がかかる。
 原作はリドリー・スコットらが製作総指揮を務めた海外ドラマ。ほかキャストには小泉孝太郎、水原希子、北村匠海、滝藤賢一、博多華丸、賀来千香子、吉田鋼太郎、唐沢寿明が名を連ねている。(編集部・吉田唯)
「グッドワイフ」は1月13日より放送開始(毎週日曜夜9時~9時54分)初回は25分拡大、村上がゲスト出演する2話は20分拡大