メドベージェワ、腹筋のぞかせ公式練習で熱演 滑り込み代表で世界選手権

デイリースポーツ によると。

 5年ぶりとなる日本開催の世界選手権を前に18日、公式練習が始まった。本番リンクで行われた女子の練習に、平昌五輪銀メダリストのエフゲニア・メドベージェワ(19)=ロシア=が登場した。

 上下黒で腹筋も覗かせる練習着で登場。アナウンスがなかなかメドベージェワの名前を呼べず、吹き出して笑う場面もあるなど、リラックスした様子で練習がスタート。安定したジャンプを跳び、SPの曲を掛けた練習でもすべてのジャンプを着氷。熱の込もった演技で、復活気配をアピールした。

 平昌五輪後に、練習拠点をカナダ、トロントに移したメドベージェワは、今季不振に陥った。GPシリーズ2戦は3、4位に終わり、ファイナル進出を逃すと、昨年末の国内選考会のロシア選手権では、ジュニア勢の台頭の前に7位に沈み、代表入りが絶望的かと思われた。しかし、先月に行われたロシア杯ファイナルで選考上のライバルだった元世界女王のトゥクタミシェワを僅差で下し、優勝。ロシア連盟のコーチ評議会による投票で、滑り込みでの代表入りが決まった。

 ただ、今回の選出にロシアの国内世論は割れており、未だトゥクタミシェワを推す声も多い。是が非でも結果が欲しい今大会。元世界女王の真価が問われる。

 同グループの平昌五輪金メダリストのアリーナ・ザギトワ(16)=ロシア=は姿を見せなかった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA