羽生結弦がコメント「世界選手権に向けて調整」

産経新聞 によると。

 フィギュアスケート男子で右足首負傷から復帰を目指す五輪2連覇の羽生結弦(ANA)について、日本スケート連盟の小林芳子フィギュア強化部長は20日、羽生本人のコメントとして「年が明けてから氷上練習を始めた。ジャンプについては世界選手権に向けて調整している」と発表した。世界選手権は3月20日にさいたま市で開幕する。

 小林強化部長によると、10日閉幕の四大陸選手権後に羽生サイドと連絡を取ったという。回復具合や練習再開の時期、ジャンプの種類など詳細は明らかにしなかった。

 羽生は昨年11月のグランプリ(GP)シリーズ、ロシア杯の公式練習で負傷し、同12月のGPファイナルと全日本選手権を欠場。世界選手権代表には実績を考慮して選出された。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA