羽生結弦、海外感動を呼んだ金メダル後の“美しきスポーツマンシップ”とは

THE ANSWER によると。

 12月も残り数時間。様々な競技で盛り上がりを見せたスポーツ界を連日、振り返る「名珍場面2018」。最終回の今回は2月のフィギュアスケートの羽生結弦(ANA)が平昌五輪で演じた“美しきスポーツマンシップ”。66年ぶり連覇の快挙を達成した後、リンクサイドで繰り広げられたシーンが話題を呼び、間近で撮影していたブライアン・オーサー氏の写真が感動を沸き起こした。

 2018年のスポーツ界の屈指の名シーンと言っていいだろう。舞台は2月の平昌五輪、江陵アイスアリーナ。男子シングルで羽生が右足首の故障を乗り越え、感動の66年ぶり連覇を達成した直後のリンクサイドだった。

 優勝した羽生とともに銀メダルの宇野昌磨(トヨタ自動車)、銅メダルのハビエル・フェルナンデス(スペイン)という表彰台の3人が輪を作るように立ち、互いに肩に手を置いて声を掛け合っている。そして、羽生は時折、目元を押さえるようにしながら感極まった面持ちを見せ、抱擁を交わした。金メダルを争った3人が称え合う、なんとも美しいシーンだった。

 米スケート専門メディア「アイスネットワーク」は「男子のメダリストたちによる、素晴らしきスポーツマンシップの光景」と公式ツイッターで紹介。実はこの時、最も近くにいた一人が羽生とフェルナンデスを指導するオーサー氏だった。教え子の微笑ましいシーンにいてもたってもいられなかったのだろう。背伸びをするように自身のスマホで撮影していた。
羽生がハビに語った言葉「I can’t do it without you.」
 そんな様子が中継映像に映り、ファンの熱視線を集めていた。オーサー氏は「ライバルたち、そして、アスリートにとって特別な瞬間だ。ユヅル・ハニュウ、ハビエル・フェルナンデス、ショウマ・ウノ、彼らが男子のスケーティングを新たなレベルに導いたんだ。ブラボー!」とつづった上で、実際に撮影した写真をインスタグラムで公開。大反響を呼んでいた。

 当時、3人の輪で羽生は「I can’t do it without you.(君なしでは成し遂げられなかった)」と震える声でフェルナンデスに語ったという。長年にわたってライバルとして、同門の盟友として大舞台でしのぎを削ってきた。年齢的にフェルナンデスが最後の五輪になるかもしれないと理解していたのだろう。“美しきスポーツマンシップ”は感動的なものだった。

 フィギュアは互いの死力を尽くし、優勝を競い合うが、リンクを一歩離れれば、互いにリスペクトし合うのが競技の魅力でもある。2018年のスポーツ界はとりわけ日本でスポーツマンシップの在り方を考えさせられる機会が増えたが、羽生らが五輪のリンクサイドで見せた姿は、これからもずっと語り継がれるべきものであるだろう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA