ザギトワ、日本語で「新たなスタート」

産経新聞 によると。

 フィギュアスケートのグランプリ(GP)ファイナルで紀平梨花に敗れて2位になった平昌五輪女王のアリーナ・ザギトワ(16)=ロシア=が12日、大会後初めてインスタグラムを更新し、表彰台での写真とともに、日本語でファンや関係者に感謝の言葉を投稿した。

 ロシア語、英語に加え「ISUグランプリファイナルの銀メダルとともに、無事にバンクーバーから戻ってきました! 私のチーム、ファンの方々、大会主催者様、資生堂のメイクアップチームの皆様、家族、支えてくれたすべての方々、本当にありがとうございました」と報告。連覇を逃したものの「今シーズンの新たなスタートを楽しみな気持ちでいっぱいです」と前向きにつづった。

 ザギトワは8月に資生堂の化粧品ブランド「SHISEIDO」のグローバルアンバサダーに就任している。

 一方、秋田県を管轄する在新潟ロシア総領事館は同日、ツイッターでロシアのニュース映像とともに「2012年、秋田県の佐竹敬久知事がプーチン大統領に秋田犬『ゆめ』を贈った。2018年、ザギトワ選手に秋田犬保存会が『マサル』を贈った」と言及。

 検索サイトのグーグルで平成29年度に調べられた英語の都道府県名で「TOKYO(東京)」に次いで「AKITA(秋田)」が2位だったことを紹介した。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA