「フィギュアの話題」カテゴリーアーカイブ

紀平梨花、世界選手権で3回転半3本!羽生から学んで4回転習得「完璧な演技を」

デイリースポーツ によると。

 フィギュアスケートの四大陸選手権を制し、シニアデビュー以来国際大会5連勝となった紀平梨花(16)=関大KFSC=が優勝から一夜明けた9日(日本時間10日)、取材に応じた。次戦はチャレンジカップ(21~24日、デン・ハーグ)を予定しているが、世界選手権(3月、さいたま)でSPフリー合わせてトリプルアクセル3本を組み込んだ演技を完璧に演じると約束。また来季までに4回転サルコーを習得すべく、羽生の同ジャンプを生で見て学ぶと明かした。

 2022年北京五輪の金メダルへ、この世界選手権は大忙しの“ターニングポイント”となりそうだ。5年ぶりの日本開催。ホームの大観衆の前で紀平がまず目指すのは、世界女王の称号獲得だ。

 平昌五輪女王のザギトワ(ロシア)ら強敵ぞろいだが「SP、フリーで(トリプルアクセルを)3本。完璧な演技をしたい」と紀平。SPの自己ベストを出したGPファイナル(バンクーバー)では、フリー冒頭のトリプルアクセルで手をついた。逆にフリー自己ベストをマークした昨年11月のNHK杯(広島)では、SPでトリプルアクセルを失敗している。ともに完璧な演技をそろえれば、異次元の得点が出ることは確実。戴冠は、決して夢物語ではない。

 加えて紀平はもうひとつ自らにミッションを課した。テーマは来季までの4回転サルコーの習得。昨夏、羽生のジャンプコーチを務めるブリアン氏の指導を受けた際、右足の体重のかけ方を変えた。その時に見本として示されたのが羽生の動画。「トーループはアイスショーでよく入れているけど、サルコーはあまり近くで見たことがない。じっくり観察してみたい」。五輪の金メダルにつながった王者の生ジャンプを間近で見て、体得への足がかりとしたい。

 4回転の練習をするため、既に高地で体が浮きやすい米コロラドへ10日間合宿に出るなど、常に前を見ている紀平。世界のタイトルと4回転サルコーの体得。二兎(と)を追って、二兎ともつかむ。

羽生結弦、海外感動を呼んだ金メダル後の“美しきスポーツマンシップ”とは

THE ANSWER によると。

 12月も残り数時間。様々な競技で盛り上がりを見せたスポーツ界を連日、振り返る「名珍場面2018」。最終回の今回は2月のフィギュアスケートの羽生結弦(ANA)が平昌五輪で演じた“美しきスポーツマンシップ”。66年ぶり連覇の快挙を達成した後、リンクサイドで繰り広げられたシーンが話題を呼び、間近で撮影していたブライアン・オーサー氏の写真が感動を沸き起こした。

 2018年のスポーツ界の屈指の名シーンと言っていいだろう。舞台は2月の平昌五輪、江陵アイスアリーナ。男子シングルで羽生が右足首の故障を乗り越え、感動の66年ぶり連覇を達成した直後のリンクサイドだった。

 優勝した羽生とともに銀メダルの宇野昌磨(トヨタ自動車)、銅メダルのハビエル・フェルナンデス(スペイン)という表彰台の3人が輪を作るように立ち、互いに肩に手を置いて声を掛け合っている。そして、羽生は時折、目元を押さえるようにしながら感極まった面持ちを見せ、抱擁を交わした。金メダルを争った3人が称え合う、なんとも美しいシーンだった。

 米スケート専門メディア「アイスネットワーク」は「男子のメダリストたちによる、素晴らしきスポーツマンシップの光景」と公式ツイッターで紹介。実はこの時、最も近くにいた一人が羽生とフェルナンデスを指導するオーサー氏だった。教え子の微笑ましいシーンにいてもたってもいられなかったのだろう。背伸びをするように自身のスマホで撮影していた。
羽生がハビに語った言葉「I can’t do it without you.」
 そんな様子が中継映像に映り、ファンの熱視線を集めていた。オーサー氏は「ライバルたち、そして、アスリートにとって特別な瞬間だ。ユヅル・ハニュウ、ハビエル・フェルナンデス、ショウマ・ウノ、彼らが男子のスケーティングを新たなレベルに導いたんだ。ブラボー!」とつづった上で、実際に撮影した写真をインスタグラムで公開。大反響を呼んでいた。

 当時、3人の輪で羽生は「I can’t do it without you.(君なしでは成し遂げられなかった)」と震える声でフェルナンデスに語ったという。長年にわたってライバルとして、同門の盟友として大舞台でしのぎを削ってきた。年齢的にフェルナンデスが最後の五輪になるかもしれないと理解していたのだろう。“美しきスポーツマンシップ”は感動的なものだった。

 フィギュアは互いの死力を尽くし、優勝を競い合うが、リンクを一歩離れれば、互いにリスペクトし合うのが競技の魅力でもある。2018年のスポーツ界はとりわけ日本でスポーツマンシップの在り方を考えさせられる機会が増えたが、羽生らが五輪のリンクサイドで見せた姿は、これからもずっと語り継がれるべきものであるだろう。

真央、惜別の姉妹2ショットにコメント450件超反響殺到「なんて素敵な写真」

THE ANSWER によると。

 フィギュアスケートのバンクーバー五輪銀メダリスト・浅田真央さんがインスタグラムを更新。16日に最終公演を終えた「浅田真央サンクスツアー」で共演し、同日がラスト出演となった姉・舞さんとの2ショットを愛情たっぷりのメッセージとともに公開し、ファンに感激を呼んでいたが、投稿から3日間でコメント数が450件を突破。反響がさらに拡大している。

 真央さんが掲載したのは4枚の写真を連ねた1枚の画像だった。

 ゴールドを基調にした衣装の真央さん。優しげだったり、少しおどけたりした笑みを見せ、隣で一緒に写っているのは、シルバーを基調にした衣装の姉の舞さんだった。今年1年、真央さんがプロデュースしたアイスショーに出演し、ファンを沸かせてきた2人。自然な表情から姉妹の絆が伝わってくる。

 真央さんは、同日の投稿で「無事に2018年全ての公演が終了しました 多くの皆様の支えがあり、最終公演まで滑り切る事が出来ました。ありがとうございました!会場にいらしてくださった皆様、ありがとうございました! 2019年も全国を巡りますので、楽しみにしていてください!」とツアー終了を報告。さらに続けて「舞 1年間お疲れ様でした! たくさん支えてもらい、たくさん助けてもらいました。感謝しかありません。本当にありがとう!」と感謝のメッセージとともに姉妹2ショットを公開した。

 17日の投稿から続々とコメントが寄せられていたが、20日までに450件を突破。「素敵写真やばい」「お二人ともキュート!」「これからも二人を見守って、応援します!」「全部の写真が素敵です」「2人で滑ったコラボはキラッキラでした」「なんて素敵な姉妹写真」などと感動の言葉が殺到していた。

 1年間全国をまわり、フィギュアファンを魅了し続けた浅田姉妹。その余韻は残り続けている。

ザギトワ、日本語で「新たなスタート」

産経新聞 によると。

 フィギュアスケートのグランプリ(GP)ファイナルで紀平梨花に敗れて2位になった平昌五輪女王のアリーナ・ザギトワ(16)=ロシア=が12日、大会後初めてインスタグラムを更新し、表彰台での写真とともに、日本語でファンや関係者に感謝の言葉を投稿した。

 ロシア語、英語に加え「ISUグランプリファイナルの銀メダルとともに、無事にバンクーバーから戻ってきました! 私のチーム、ファンの方々、大会主催者様、資生堂のメイクアップチームの皆様、家族、支えてくれたすべての方々、本当にありがとうございました」と報告。連覇を逃したものの「今シーズンの新たなスタートを楽しみな気持ちでいっぱいです」と前向きにつづった。

 ザギトワは8月に資生堂の化粧品ブランド「SHISEIDO」のグローバルアンバサダーに就任している。

 一方、秋田県を管轄する在新潟ロシア総領事館は同日、ツイッターでロシアのニュース映像とともに「2012年、秋田県の佐竹敬久知事がプーチン大統領に秋田犬『ゆめ』を贈った。2018年、ザギトワ選手に秋田犬保存会が『マサル』を贈った」と言及。

 検索サイトのグーグルで平成29年度に調べられた英語の都道府県名で「TOKYO(東京)」に次いで「AKITA(秋田)」が2位だったことを紹介した。

紀平梨花がSP今季世界最高で首位!ザギトワは2位

東スポWeb によると。

 フィギュアスケートのグランプリ(GP)ファイナルが日本時間7日(現地6日)、カナダ・バンクーバーで開幕。女子のショートプログラム(SP)で初出場の紀平梨花(16=関大KFSC)が完璧な演技を披露し、ルール改正後の世界最高得点の82・51点で首位に立った。

 紀平は冒頭のトリプルアクセル(3回転半ジャンプ)を成功。これで流れに乗ると、最後まで圧巻の滑りを披露し、初出場初優勝の偉業に王手をかけた。

 最大のライバルと目される平昌五輪金メダルのアリーナ・ザギトワ(16=ロシア)は77・93で2位。日本勢の坂本花織(18=シスメックス)は4位、宮原知子(20=関大)が6位につけている。