「ピアリ・イベント」カテゴリーアーカイブ

『アナ雪』に次ぐ期待作、『モアナと伝説の海』日本最速試写会に5組10名様ご招待

Billboard Japan によると。

 『アナと雪の女王』、『ズートピア』に続くディズニー・アニメーションの最新作『モアナと伝説の海』の日本公開に先駆け、11月24日に日本最速試写会が行われることが決定した。

 南の島で生まれ育った少女モアナが、海と“ある出会い”をしたことから、世界を闇から救うため、禁断の島の外へ旅に出るというストーリーだ。ポリネシアの島々で代々語り継がれる神秘的な伝説をもとに、南の島や美しい空、そして海のリアルな描写が見事に描かれた作品となっている。

 “アナ雪”旋風を巻き起こした『アナと雪の女王』のアナとエルサに続くディズニーの新ヒロイン、モアナが傷つき悩みながらも自分の進むべき道を見つけるため奮闘する姿を、『リトル・マーメイド』、『アラジン』、『ヘラクレス』などを手掛けてきたロン・クレメンツ、ジョン・マスカーの二人が描いている。これまで多くのヒロインを生み出してきた監督たちは、モアナについて、「モアナの歌声はとても素晴らしい! 世界中の言語でどんな声が起用されるのかワクワクしている」と語っている。『アナ雪』の主題歌「レット・イット・ゴー~ありのままで~」のヒットが記憶に新しいが、本作でもその“レリゴー”に匹敵する歌が誕生するのでは、と期待が集まっている。

 今回、本作の日本最速試写会にBillboard JAPAN読者の中から、抽選で5組10名様をご招待。全米公開に合わせて開催されるため、日本でどこよりも早く本作をチェックできる、またとないチャンスだ。応募方法は下記の通り。

<応募方法>
01.ビルボードジャパン公式ツイッターアカウント“@Billboard_JAPAN”をフォロー
02.本ニュースをリツイート
※当選者様にはビルボードジャパン公式アカウントよりDMでご連絡後、ご住所をお伺いさせていただきます。いただいたご住所宛にご招待状をお送りします。
※当選時にビルボードジャパン公式アカウントをフォローしていない場合は、ご招待状をお送りできず無効となりますのでご注意ください。
<受付期間>
2016年10月29日(土)12:00~11月13日(日)23:59まで

◎『モアナと伝説の海』日本最速試写会詳細
日程:2016年11月24日(木) 18:30開場/19:00開映
会場:シネマイクスピアリ(舞浜)
上映時間:未定

イクスピアリのイースターが始まる!期間限定ショップやメニュー続々

cinemacafe.net によると。

東京ディズニーリゾート内の複合型商業施設「イクスピアリ」では、「イースター」をテーマに、3月25日(金)~6月15日(水)日までスペシャルイベント「イクスピアリ・イースタータウン」を開催する。会期中は華やかなデコーレーションが施され、さまざまなイベントが行われるほか、新しいショップやレストランも続々オープンする予定だ。

イベント期間中の街内には、タマゴやウサギ、イースターボンネット(帽子)などをモチーフにした、華やかな装飾の「イースター・フォトロケーション」が登場する。2Fセレブレーション・プラザのステージには大きなタマゴのオブジェが置かれ、春の訪れを祝う楽しい気分を盛り上げる。また、夜になるとライトアップされ、違った雰囲気が楽しめる。

4月と5月の週末には、タマゴやウサギなどをモチーフにした、愉快なイースターゲームイベント「ファン!ファン!フェスティバル!」を開催。タマゴ型のボールを投げる「エッグボウリング」をはじめ、色とりどりのタマゴが描かれたボードにボールを投げる「ストラック・エッグ・アウト」、帽子を使った輪投げのゲーム「スローイングハット」といったイースター感いっぱいの愉快なゲーム3種類を、週替わりで楽しめる趣向となっている。各ゲームをクリアすると、数種類のオリジナルのイースターのステッカーのプレゼントも。

ゴールデンウィークの4月30日(土)と6月の週末には、話題の「あだちのYEAH!!!」代表でアナログゲームマスターあだちちひろさんによる、頭と体を使って楽しむ新感覚「アナログゲームパーティー」を開催。オセロや将棋といった従来のアナログゲームの静かなイメージを覆す、大声を出して動き回るなど、初対面の人とでも仲良く楽しめるゲームだ。

また、期間を通してイースターのエッグハントのように、街内のどこかにある4種類のスタンプを探すスタンプラリーや、イースターシーズンにちなみエッグ型キャンドル作りなどのワークショップも開催する。街内のショップやレストランではイースターシーズンにちなみ、タマゴやヒヨコ、ウサギなどをモチーフにしたイースター限定のメニューやグッズが登場。人気のアクセサリーショップ「Q-pot.」の、イースターをテーマにした期間限定ショップ「Q-pot. EasterParty」も、3月31日(木)までの期間限定でオープンする。

涙のイクスピアリ。“スマホの歌姫”Miracle Vell Magicは次のステージへ

BARKS によると。

中高生女子を中心に人気急上昇中の“スマホの歌姫”Miracle Vell Magicが、1年前より実施してきたイクスピアリでのマンスリーライブのファイナル公演を4月11日に行なった。オフィシャルのレポートをお届けしよう。

2014年頃よりスマホ動画アプリ、YouTubeなどで女子中高生を中心に注目を集め、国内に留まらず、海外からの注目も高いMiracle Vell Magic。25のディズニーキャラクターに扮して「アナと雪の女王」の主題歌「Let It Go」を歌う動画は、すでに1600万回再生を超えている。

そんな彼女の、イクスピアリでのファイナル公演。会場は公演前から超満員。始まる前から集まったファンからは「ベルちゃん」コールが巻き起こる。

音楽とともに颯爽とMiracle Vell Magicが登場すると、客席からは割れんばかりの大歓声。企画・演出・構成、すべてを自身で手掛け、客席の中心にある円形のステージをところ狭しと駆けまわるMiracle Vell Magicのショーにファンは歓び、初めてMiracle Vell Magicを目にしたイクスピアリに遊びに来たお客さんは足を止め、ショーに見入っていた。

Miracle Vell Magicは、イクスピアリでのライブがラストであることをしっかりと噛み締めながら、様々な演出やきらびやかな衣装、そしてパフォーマンスでファンを魅了した。

ショーの最後にはMiracle Vell Magicから来てくれたファンへ自身の夢を語った。

「1年前にこのステージに立った時はすべてが本当に怖くて、それまではずっとひとりで自分の部屋の中で歌っていた私はこのステージに立って本当に本当に緊張して、その時はまだ見てくれているお客さんが20人いるかいないかくらいの数で、それが1年経って、今ではこんなにたくさんの『友達』に囲まれています。この1年で本当にいろんな事があって、たくさんの大切な存在が出来て、本当に私は幸せものです。私がイクスピアリでのマンスリーライブを卒業するを決めた理由は大きな夢がたくさんあって、叶うかわからないけれど、でも絶対叶えたい夢があって、その中の1つに自分の世界のオリジナルのショーを作るという夢があります。その夢を叶えるために、前に進むために、ここでの卒業を決めました。ここを卒業をしてもみんなとの距離は絶対に変わらないし、みんなはいつまでも私の大切な大切な友達です。」

1年間の活動を振り返り、卒業と夢を語ったMiracle Vell Magic。さらに来てくれた全ての人に涙ながらに感謝の言葉を添えた。

「1年間支えてくれてきたスタッフの皆様ありがとうございました。そして大切なここにいる一人一人の友達、私にたくさんのちからを与えてくれるみんな。ありがとう。これからも宜しくね!!!」

Miracle Vell Magicがステージを降りようとすると、突如音楽が流れ、ファンから「星に願いを」の合唱のサプライズ。これにはたまらず、Vellの瞳からは涙が堰を切ったように流れ、大号泣。重ねてオーディエンスに感謝を伝えた。

Miracle Vell Magicは、自分の夢、オリジナルショー「Miracle Vell Magic Show」の実現に向けて、新たなステージへと歩みを進める。

開業15周年のイクスピアリ アートを身近に感じるイベント「Touch the HeART」開催!

cinemacafe.net によると。

東京ディズニーリゾート内の複合型商業施設「イクスピアリ」にて、3月14日(土)~3月29日(日)までの16日間、さわれるアートイベント「Touch the HeART」が始まり、そのオープニングイベントで、ローラー・ペイント・アーティストとして世界的に活躍するTakeshi Sato(さとうたけし)氏が、同館内の巨大壁面へのペイントアートを生披露した。

「Touch the HeART」は“さわれるアート”をテーマに、個性豊かなるアート作品の数々を、実際に素材や作品自体を手にとって触れられるように展示。子どもから大人まで、アートをもっと身近に感じられることを目的に開催する。Sato氏はイクスピアリの2FにあるB’ウェイの巨大壁面に、今年の夏に15周年を迎えるイクスピアリをイメージしたペイントアートを制作。イベント初日前日の夜を徹して作業を始め、当日の昼に多くのゲストが見守る前でアートを完成。通常ペンキを塗る道具であるローラーを使い、瞬く間に絵に命を吹き込み、パフォーマンスそれを生で見届けているゲストの中からはため息が漏れていた。

また、プロのアーティストや美術学生が創作した絵画や立体作品などのほか、ガラスのフレームにカラフルな天然砂を注ぐ描画法で創作するサンドペイントアーティストのイー・ランさんの作品も展示。大小約20点のアートが、イクスピアリの街内各所で楽しめる。

この春、イクスピアリでは15周年を記念して、初めてイースターをテーマとしたイベント「イクスピアリ・イースタータウン」も4月2日(木)~6月23日(火)の期間で開催。さまざまなイベントが目白押しのイクスピアリの街を家族や大切な人と一緒に訪れてみて。

さわれるアートイベント「Touch the HeART」

【期間】3月14日(土)~3月29日(日)

【場所】2F B’ウェイほか

清水翔太から一足早いクリスマスプレゼント!プロジェクション・マッピングと夢のコラボ

E-TALENTBANK によると。

11月27日、東京ディズニーリゾート内の複合型商業施設「イクスピアリ」にて開催されたプロジェクション・マッピングショー「クリスマス・キャロル・クロック」のオープニングセレモニーに清水翔太がスペシャルゲストとして登場した。

今回上演される「クリスマス・キャロル・クロック」は、清水翔太とコラボレーションしたプロジェクション・マッピングとなっており、時計台を模した建物(クロックタワー)が大きなからくり時計となって動き出すファンタジックで心温まるクリスマス物語の映像と共に、新曲『SNOW SMILE』が流れる演出となっている。

清水翔太のカウントダウンでショーがスタートすると、集まった1200人の観客からは感嘆のため息が漏れた。自身の楽曲が取り入れられたショーを観た清水翔太は、「感動しました。自分の曲がこういう形で使われるのは初めての経験ですがあらためて『いい曲だな』と。(笑)」とコメントし会場の笑いを誘った。

会場を移して行われたスペシャルミニライブでは、『冬が終わる前に』と新曲『SNOW SMILE』を披露。新たなクリスマスの名曲として注目されている『SNOW SMILE』。「冬のワクワクドキドキを表現した楽曲なので、皆さんにとっていいクリスマスを彩る1曲になってくれれば嬉しいです。」と語る清水翔太の甘い歌声は、観客にとって一足早いクリスマスプレゼントとなったようだ。