wpmaster のすべての投稿

宇野昌磨、海外ファンに「この写真、大好きだ」「スリーピーショウマ」「なんてキュートなの」と話題

THE ANSWER によると。

 フィギュアスケートのロンバルディア杯(イタリア)は15日、男子フリーでショートプログラム(SP)首位の平昌五輪銀メダリスト・宇野昌磨(トヨタ自動車)が172.05点をマークし、合計276.20点で優勝。貫禄の3連覇を達成したが、2位に入ったドミトリー・アリエフ(ロシア)は試合後にインスタグラムを更新。宇野が大あくびをする可愛らしい写真とともに祝福メッセージを送り、海外ファンに「この写真、大好きだ」「スリーピーショウマ」「なんてキュートなの」と話題を集めている。

 今季初戦、ミスこそあったが、堂々と表彰台の真ん中に立った宇野。そんな20歳に続く2位に入ったアリエフが自身のインスタグラムで試合後、なんともユーモアあふれる祝福を送っている。

 開幕前の滑走順抽選か、他の選手も着席した中、宇野はこれ以上ないほどに大きく口を開け、持ち前のベビーフェイスが崩れるほどの大あくび。一方、アリエフも宇野ほどではないが、後ろを振り返りながら、こちらも大あくび。なんとも愛らしい2つのシーンを1枚の写真に納め、画像で公開している。

 投稿では「最初の大会が終わったよ。おめでとう、ショウマ」と祝福。「おやすみなさい、もう寝る時間だよ」ともつづり、大会を終えて眠くなった心境を写真で表しているのろうか。可愛すぎる大あくびの1枚を目の当たりにした海外ファンも思わず微笑み、続々とコメント欄を賑わせている。
「2人の眠そうな少年たちおめでとう」
「可笑しいディマとショーマ、おめでとう」
「この写真、大好きだ」
「2人の眠そうな少年たちおめでとう」
「スリーピーショウマ。おやすみ」
「おそろいだね(笑)」
「ハハハ、良いね」
「なんてキュートなの」
「あくびをしているチャンピオン」
「ベストフレンド」

 ひそかに“激写”されていた1枚は反響を呼んでいた。宇野といえば、どんな大舞台でも物おじしない強心臓が売り。今季も唯一無二の武器で銀盤で躍動してくれるか。楽しみなシーズンが幕を開けた。

宇野昌磨「自分でつかみとった演技」初戦Vに手応え

日刊スポーツ によると。

ショートプログラム(SP)トップで、平昌五輪(ピョンチャンオリンピック)銀メダリストの宇野昌磨(20=トヨタ自動車)がフリー1位の172・05点を記録し、合計276・20点で3連覇を果たした。

点数は伸びなかったものの「今日の演技は本当に『練習よりできなかった』とか、『練習よりできた』とかではなくて、必然とできた演技。これが今の自分の実力と再確認しました」と充実した表情で振り返った。

上半身が白、下半身が黒の衣装で新フリー「月光」を実戦初披露。冒頭の4回転サルコーは着氷が乱れたが、続く4回転フリップを回転不足ながらこらえ、4回転トーループを成功させた。昨季終盤で封印した4回転サルコーについては「公式練習とか見ているみなさんからしたら、『上出来なんじゃないか』っていう声が上がると思うんですけれど、自分も上出来だったと思います」と場を和ませた。

中盤は「踏み込みが甘かった」というトリプルアクセル(3回転半)で転倒するなど、完璧な演技とはいかなかったが、今季のルール改正で30秒短縮された4分の演技を体験。演技後は右膝に手をつき、疲れた表情を見せながらも笑顔だった。

3年連続で国際大会初戦にロンバルディア杯を選び、現地ベルガモでの人気も急上昇中。昨季は自己ベストの合計319・84点をマークしたが「例年に比べて、一番いい初戦だったと思う。点数は去年の方が出ているけれど、今年の方が手応えというか、『自分でつかみとった演技』っていう実感があるので、もっともっと今シーズン良くなっていくと思っています」。自分自身が想像以上の出来で驚いた1年前と比べても、得たものが大きい初戦となったようだ。

次戦はフリーのみのジャパン・オープン(10月6日、さいたまスーパーアリーナ)で、グランプリ(GP)シリーズ第2戦スケートカナダ(10月26~28日、ラバル)へと進んでいく。「次に向けて頑張りたい気持ちが芽生えました」。宇野の表情が一層、引き締まった。

宇野昌磨、今季初戦でSP首位発進…自己ベスト104・87点に迫る高得点

スポーツ報知 によると。

 男子のショートプログラム(SP)が行われ、今季初戦に挑んだ18年平昌五輪銀メダルの宇野昌磨(20)=トヨタ自動車=は「天国への階段」を滑り、104・15点をマーク。堂々の首位発進となった。友野一希(20)=同大=は75・47点で5位スタートだった。

 今季から採点ルールが変わり、加点はプラス3からマイナス3の7段階から、プラス5からマイナス5の11段階に。SPでは加点1・1倍になる後半のジャンプは最後の1本のみとなった。

 宇野は冒頭に加点3・74を引き出す美しい4回転フリップを決めると、続けて4回転トウループ―2回転トウループの連続ジャンプ、演技後半の3回転半もミスなく着氷し、五輪メダリストの貫禄を見せつけた。ルール変更に伴い、得点記録はシーズン開幕前にリセットされたものの、104・15点は昨年同大会でマークした自己ベスト104・87点に迫る高得点だった。

 友野は連続ジャンプでミスが出るなど、得点が伸ばせなかった。男子フリーは15日に行われる。