元全米女王ゴールド、笑顔で2季ぶり復帰戦へ― 「自分の家に帰ってきたみたい」

THE ANSWER によると。

健康問題を乗り越え復帰のゴールドがオリンピックチャンネルに意気込み語る
 フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ第5戦のロステレコム杯(ロシア・モスクワ)が16日、開幕する。女子シングルで2季ぶりに表舞台に帰ってくるのが、ソチ五輪の団体銅メダリストで2度全米女王に輝いているグレイシー・ゴールドだ。精神面の健康問題を乗り越えて復活の舞台に立つ23歳は今何を思うのか――。IOCが運営する五輪専門サイト「オリンピックチャンネル」がインタビューを掲載している。

 ゴールドは14年ソチ五輪の団体でアメリカの銅メダル獲得に貢献。14年、16年の全米選手権で優勝を果たし、16年の世界選手権でも4位に入った実力選手だ。しかし、2017-18シーズンはうつ病、不安症、摂食障害の治療のため全休。平昌五輪の出場を断念していた。

 大会参戦は2017年1月の全米選手権(6位)以来。オリンピックチャンネルは「フィギュアスケーター、グレイシー・ゴールドがナーバスな帰還 うつ状態を経て大会へ」と見出しをつけ、ゴールドのインタビューを掲載している。

「グレイシー・ゴールドが精神の健康問題からの休養を経て、笑顔で復帰戦に挑む。オリンピックの銅メダリストは不安障害、摂食障害でキャリアを滞らせていた」とつづり、これまでのキャリアを振り返っている。
GPシリーズへの出場は2年ぶり「30%くらいの状態だけど、ベストを尽くしたい」
「GPシリーズに戻れるなんて驚くべきことだわ。自分の家に帰ってきたような感覚。ここまでの道のりは簡単ではなかった。私は小さい大会にしか出られないだろうと思っていた。本当に興奮しているし、次の4年間が楽しみだわ」

 ゴールドは復帰にあたり、こう口にしている。GPシリーズへの出場は16年11月のフランス杯以来。当時は浅田真央(9位)を一つ上回る8位だった。

「今の私は100%の状態でなくても、ベストを尽くしたい。おそらく30%から40%くらいの状態だと思うけど、次のオリンピックに向けて調子を上げていきたい」

 4年後の北京五輪への意気込みも口にしている。人気と実力を兼ね備えたスケーターが、どんな演技を見せてくれるのか。女王アリーナ・ザギトワ(ロシア)、15歳の新星・山下真瑚(中京大中京高)と共に大きな注目を集めそうだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください