高橋大輔、母校の関大KFSC所属で復帰戦へ

デイリースポーツ によると。

 今季、4年ぶりに現役復帰するフィギュア10年バンクーバー五輪銅メダリストの高橋大輔(32)が10日、復帰シーズンを母校である関西大学のスケートクラブ「関西大学カイザーズフィギュアスケートクラブ(関大KFSC)」の所属選手として活動することを発表した。関大アイスアリーナを拠点とするという。

 新規スポンサーとしてスカイコート株式会社、イミュ株式会社のサポートを受けながら活動するという。プーマジャパン株式会社のサポートは継続する。

 高橋は「母校でもある関西大学のクラブへの所属が決まり、慣れ親しんだ関西大学アイスアリーナで宮原知子選手をはじめ、トップ選手と一緒にトレーニングが積めることを嬉しく思います。また、スカイコート様、イミュ様のサポートを受け、競技に打ち込める環境が整い、一層気が引き締まる思いです。シーズンに向け、トレーニングを追い込んでいきたいと思います」と、コメントを寄せた。

 高橋の復帰戦は近畿選手権(10月5~8日、兵庫・尼崎)となる見込み。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください