マクドナルドで異物混入 マフィンに“歯”

日本テレビ系(NNN) によると。

石川・金沢市のマクドナルドで、商品のマフィンに歯のようなものが混入していたことがわかった。

日本マクドナルドによると、混入していたのは金沢市内の店舗で、今月2日、客の男性がソーセージエッグマフィンを食べたところ、5ミリから7ミリくらいの歯か骨のような白いかけらが3つほど入っていた。

店側では、男性に謝罪した上で、翌日、保健所に報告したという。

マクドナルドでは、2015年にも歯のような異物の混入が相次いで発覚しており、今回の件に関しても「ご迷惑をおかけして申し訳ありません」とコメントしている。

マクドナルドでは今後、異物が何かや、混入の経緯を調べるという。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください