「異常気象時代」を生き抜くための“猛暑”“ゲリラ豪雨”対策とは?

TOKYO FM+ によると。

毎週、さまざまなジャンルのプロフェッショナルの先生たちが登場して、聴けばつい誰かに話したくなるアカデミーを開講中!
2018年8月5日(日)の放送では「夏をグッと乗り越える! ハッピーお天気学」のハピクロ・アカデミーを開講! 先生は、気象予報士の依田司さんです。熱中症やゲリラ豪雨への対策、“この猛暑はいつまで続くのか?”など、気になるお天気の話について教えていただきました。

百田夏菜子
◆暑さ対策の基本!
今年は過去にないほどの猛暑が続いていますが……この暑さは8月、9月まで続いていくそう! 依田先生によると、近年2010年と2013年が猛暑でしたが、すでにそれを上回る暑さになっているそうなんです! 特に今年は特別な暑さで、8月、9月も暑い状況が続き8月の後半~9月の上旬にもう1回暑さのピークが来るそうなんです! そんな暑さを乗り切るための、暑さ対策の基本を依田先生に伺いました!

玉井詩織
依田先生:家にいて熱中症にかかる方が多いんですけど、よく聞くとエアコンがあるのに使っていないという方が多いんですよね。最近では省エネのエアコンが出ていて、1日、2日つけっぱなしにしても何十円とか何百円の世界なんですよ。それと命、比べられますか?っていうことなんですよ。だから、エアコンがある方は本当に使ってもらいたいですね。

かなこ:すごい説得力!

依田先生:水分補給はもちろんなんですけど、しっかりとした休憩をとるとかね。熱中症にかかった方に聞くと、「朝ごはんを食べてません」とか、「ちょっと調子が悪かった」という方が多い、日頃の体調管理ですね。

しおりん:じゃあ健康的な生活を送っていれば熱中症にかかる確率も少なくなるんですね。

依田先生:その通りなんですよ! いま地球温暖化などで年々暑くなっていきますよね。だから、将来的には「高温警報」とかそういうのができて、しまいには「外出禁止令」などができるかもしれません。夏にライブなんてやって、「外出禁止令」が出たら、お客さんが1人もいないなかでやることになるんですよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください