「フィギュアの話題」カテゴリーアーカイブ

本郷理華「今のままでは」…カナダを拠点に様々な思いを胸に新たな一歩を踏み出した。

朝日新聞デジタル によると。

 2日に始まるフィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ第3戦、フィンランド大会(ヘルシンキ)の女子に、本郷理華(中京大)が挑む。この秋、小学生の頃から10年以上拠点にしてきた名古屋市を離れる決断をした。新たな本拠は、カナダ・バンクーバー。平昌(ピョンチャン)五輪への切符を逃した実力者が、様々な思いを胸に新たな一歩を踏み出した。

 仙台市出身の22歳。5歳でスケートを始めたが、拠点としていた仙台のリンクが経営難のために2004年に閉鎖。名古屋に拠点を移した長久保裕コーチを追って、06年に親元を離れた。故郷を離れる前夜は母に添い寝し、涙をこらえたという。その後、14年11月のロシア杯でGP2戦目にして初優勝し、世界選手権には3度出場。名古屋で実績を積み上げてきた。

 だが、開幕前日の1日、公式練習を終えた本郷がこう語り出した。「夏にも一度、バンクーバーで練習を1カ月弱したことがあって。充実した練習ができたんです。だから、また行きたいと思っていて」

 昨年12月の全日本選手権はフリーでのジャンプのミスが響いて6位で五輪切符を逃した。「全日本のような演技はもうしたくない」。再スタートを誓った。

宇野昌磨「油断した」SP悔しさぶつけ逆転V2

日刊スポーツ によると。

男子ショートプログラム(SP)2位と出遅れた宇野昌磨(20=トヨタ自動車)がフリー1位の188・38点で逆転し、合計277・25点で2連覇を果たした。SPで転倒したトリプルアクセル(3回転半)に「どんなにひん曲がっても降りる」と気持ちを込め、シリーズ2戦での上位6人が進むGPファイナル(12月6~9日、カナダ・バンクーバー)の4年連続出場に前進した。

大歓声と対照的に、宇野は苦しそうに口で息をし続けた。「最初から100%を出し切る」。新ルールで4分に要素が凝縮されたベートーベンの「月光」。穏やかで、しっとりとした曲調の序盤から「悔しさをぶつける」と心を燃やした。

序盤に組み込むサルコー、フリップ、トーループの4回転ジャンプ。サルコーは回転不足になったものの、高難度のフリップでは3・77点、トーループでは2・99点の加点が出来栄え点(GOE)で加えられた。

「どんなジャンプになっても、絶対に降りてやるという強い気持ちだった」

終盤の3回転半も1本目の単発で2・74点の加点。2本目もきっちりと3連続ジャンプへとつなげた。序盤から好調だった前日のSPでは3回転半で転倒。「油断した気持ちだった」と反省した2位発進が、3回転半に対する「どんなにひん曲がっても降りる」という執念につながった。

オリンピック銀メダリストを支える「負けず嫌い」。その性格は趣味のゲームにもにじみ出る。誰かに負ける。するとリベンジに向け「みんながやっていない時に、見えないところで1人で黙々と練習して、勝つ」と笑って明かしたことがある。この日、体力も限界に近づいた最終盤でジャンプが乱れた。だからこそ表彰台の頂点に立っても素っ気ない。

「湧き上がってくるものは何もない。まだまだ練習が必要」

また、見えない場所で鍛錬の時間だ。次戦はGP第4戦NHK杯(11月9~11日、広島)。SPの教訓は1日限りのものではない。

羽生結弦、写真集2作が同時TOP10入り AKB48以来7年6ヶ月ぶりに樹立

コンフィデンス によると。

 フィギュアスケート・羽生結弦選手の写真集『YUZURU II 羽生結弦写真集』(集英社/10月15日発売)と『羽生結弦 魂のプログラム』(新書館/10月11日発売)が、最新10/22付オリコン週間BOOKランキング(集計期間:10月8日~14日)で6位、10位に初登場。2作同時TOP10入りを果たした。なお、同一人物写真集の同時TOP10入りは、11年4/11付で『AKB48 友撮 THE BLUE ALBUM』と『~THE RED ALBUM』が獲得して以来、7年6ヶ月ぶりとなる。

『YUZURU II 羽生結弦写真集』は、14年のソチ五輪後から今年の平昌五輪までの4年間を迫力ある競技写真や、貴重なオフショットで構成した公式写真集。10万人以上のファンがつめかけた仙台での凱旋パレードや、練習の拠点としているカナダ・トロントでの練習風景、ポートレイトなど、競技以外の写真も充実している。

 一方、『羽生結弦 魂のプログラム』は、羽生結弦選手がこれまでに披露してきたプログラムの数々を、厳選写真と作品解説で綴るオフィシャル写真集。羽生選手からの直筆メッセージも付いており、タイトル名のように魂のこもった作品となっている。

 なお、ジャンル別ランキングでは、「スポーツ関連」部門で1位、2位を独占、「写真集」部門では1位、3位に初登場している。

宇野昌磨「信じる」力でGPシリーズに挑む

ザテレビジョン によると。

「フィギュアスケートグランプリシリーズ・ファイナル2018」(テレビ朝日系ほか)が10月20日(土)に開幕!同大会に出場する宇野昌磨選手、田中刑事選手、宮原知子選手、坂本花織選手、紀平梨花選手、松田悠良選手ら各選手とメーンキャスターを務める松岡修造、特別解説・荒川静香、解説・織田信成が10月7日、東京都内で記者会見を行った。選手それぞれグランプリシリーズにかける思いをフリップで発表。松岡が深く真意を聞きだし、荒川と織田が選手の目線に立ち解説などを付け足した。

昨シーズンのGPファイナル2位、現在世界ランキング1位の宇野選手は「信じる」と書き、やってきた練習を信じると力強くコメント。さらに宇野選手は信じる力がついてきたおかげで「人前でも話せるようになった」と言えばすかさず松岡が「昔はこの距離でも聞こえなかった」と笑いを誘いながらも、宇野選手が1年間掲げていきたい“信じる”という思いに対し「そんな君を信じている」とエールを送った。

宮原選手は「チャレンジ」と掲げ、松岡に「何チャレンジ?」と問われ「知子チャレンジ」と聞き覚えのあるワードを素早く返し会場が沸いた。このチャレンジという思いに対し宮原選手は「諦めずに自分を信じてやりたい」と説明。荒川は「新しいことをして選択肢が増える。(宮原選手の字を見て)字が大きく力強くなった。スケートでも表現面でもそれが表れている。この1、2年でなにか変わった?」と問いかけた。宮原選手は「完全にはまだまだなんですけど、今シーズン変わらなければならない。」とはっきりと回答。それを聞いた織田は「諦めないと宮原選手が言うならば成し遂げてくれる。努力をしてきた人なので応援したい」と語った。

今シーズン2年目のシニア参加となる坂本選手は「大人」と掲げる。ショートもフリーもしっとりとしている曲を選択したため「大人っぽく、イメージチェンジしたい」。その姿に「昨年は勢いがあったシーズン、今シーズンはもっと洗練されてきていると思う」と荒川、「大人になるスピードが速い」と松岡、「進化している。完璧な演技につなげていくことが大切」と織田がそれぞれ18歳の成長に驚いていた。

グランプリシリーズ初参加となる紀平選手は「笑顔」と発表し、松岡は少々困惑気味に「何笑顔?」と尋ね、さらに紀平選手が戸惑った。空気を感じたのか松岡は「普通に聞いてるだけだよ!」と勢いよく伝えれば紀平選手はフリップに書かれたように素敵な笑顔を見せた。荒川が「演技を終えた後の選手たちの笑顔がいい」と助け船を出し、紀平選手は「笑顔で始まって笑顔で終わりたい」と告げる。「プレッシャーがないときののびのびした感じが凄いある。笑顔を忘れなければ自分の演技ができると思う」と織田はアドバイスする。

オリンピックでの悔しい気持ちをぶつけたいという田中選手が掲げたのは「結果を出す! 」。すべての経験を次につなげたいと話す田中に織田は「ポテンシャルが凄い。まだまだこんなもんじゃないと思う。まだやれるという思いが伝わってくる」と熱弁。

松田選手は「自分らしく」と掲げ、「結果も大事だが自分らしくを大切にしたい」と彼女らしい発言を残す。ケガの影響もありジャンプ以外を磨いてきた松田選手の武器は大人になった表現力だとと安定感と荒川が付け足す。また鈴木明子が振り付けを担当したショートプログラムでのキュートな演技にも注目したい。

10月20(土)から始まる初戦アメリカ大会には会見に登壇した宮原選手、坂本選手に加え今シーズンから練習の拠点をアメリカへ移した本田真凜選手らが出場する。

高橋大輔「とりあえず終わったという感じです」もスコアに一定の満足感

スポニチアネックス によると。

 2010年バンクーバー五輪フィギュアスケート男子銅メダルの高橋大輔(32=関大KFSC)が7日、現役復帰戦となる近畿選手権(兵庫県・尼崎スポーツの森)のショートプログラムに出場し、77・28点で首位発進をした。2位は中村優で71・99点。8日にフリーが行われる。

 3度のジャンプを全て着氷させた。3回転の連続ジャンプも、2つ目が回転部不足を取られたものスムーズな動き。8月に左足内転筋の肉離れを発症し、調整が遅れたが、大きなミスなく復帰戦を滑り終えた。

 「とりあえず終わったという感じです。ジャンプも全部詰まりましたし、スピンもガクガクでしたし、ステップも思うように動かなかったということもあって、その中でも大きいミスなくできて良かったです」

 スコアについては「思ったより高いかな」と一定の満足感を得ていた。

 例年入場無料の大会が、有料2000円の前売り販売になった。当日、ファンが殺到するのを避けるための措置だったが、この日の会場周りには「チケットを譲ってください」という文字を掲げた女性ファンが目立った。2014年ソチ五輪以来の試合で、変わらぬ人気を印象付けた。