紀平梨花、世界記録更新「83.97点」の衝撃に海外ファンも驚愕「ワオワオワオワオ」

THE ANSWER によると。

 フィギュアスケートの国別対抗戦が11日、マリンメッセ福岡で開幕。注目の女子ショートプログラム(SP)ではグランプリ(GP)ファイナル女王の紀平梨花(関大KFSC)がSP史上最高得点の83.97点を叩き出し、首位スタートを飾った。海外のフィギュアファンは圧巻の国際大会におけるSP史上最高得点に「リカ・キヒラがやってのけた」「これはアメージング!!!」と称賛している。

 平成と別れを告げる今季フィギュア最終戦でも天才少女が輝いた。冒頭のトリプルアクセルを美しく成功させると、続く3回転フリップ―3回転トウループの連続ジャンプ、後半の3回転ルッツも綺麗に着氷。完璧な演技後には笑顔でガッツポーズも出た。

 そして、16歳の少女は自ら保持していた女子のSP最高記録82.51点を見事に更新した。キス・アンド・クライで83.97点の数字を見届けると、満面の笑顔で手を叩いて喜んだ。

 今季トップスケーターに急成長した紀平のワールドレコードに、海外のフィギュアファンもツイッター上で反応している。

「83.97だって? 女子SP最高得点だって? リカ・キヒラにはまさに相応しい!」
「ワオ、ワオ、ワオ、ワオ、ワオ、これは世界新記録なのか? リカ・キヒラに相応しい」
「リカ・キヒラ!!!!!!!!!! これはアメージングだ」
「国際大会における女子SP最高得点 リカ・キヒラがやってのけた」
「リカ・キヒラが自らの世界記録を破った」
「世界記録保持者、リカ・キヒラ」

 世界選手権は4位で今季初めて国際大会では優勝を逃した。シニアデビューイヤーの締めくくりとなる今大会で紀平が圧巻の舞いを披露した。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA