紀平梨花、ザギトワ&メドベージェワと並んで新たな刺激「また頑張ろう」

スポニチアネックス によると。

 女子4位の紀平梨花(16=関大KFSC)がスモールメダルセレモニーに出席した。フリー2位のメダルを授与された。

 「ショートプログラムは悔いが残っている。フリーは思っている力をほとんど出せた。その点では満足しているし、また頑張ろうという感情になっています」

 フリー1位のザギトワ、同3位のメドベージェワとともに壇上に並んだ。初の世界選手権で表彰台を逃したものの、ロシア勢の隣に立ち、新たなモチベーションを得たようだった。

 セレモニーの会場は屋外に設営された。寒い中、集まったお客さんに向けて「こんなにたくさんのファンの方に来ていただいてありがとうございます。みなさんの声援がいつも力に変わっています。感謝します」とあいさつし、イベントを締めくくった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA