「羽生結弦が平昌五輪で2連覇したその時、僕は……」ハビエル・フェルナンデスの告白

文春オンライン によると。

「何年も一緒にトレーニングしてきたけれど、彼と僕との間の関係はずっと変わりませんでした。結局、最後の最後まで、彼とは激しく競い合うことになりました」

『文藝春秋』5月号の独占インタビューで、フィギュアスケート・羽生結弦(24)との関係性をこう語ったのは、今年1月の欧州選手権で前人未到の7連覇を達成し、現役引退したハビエル・フェルナンデス(28)だ。

 フィギュアスケートがあまり盛んとは言えないスペイン・マドリードに生まれ育ち、欧州の男子フィギュアスケート界をけん引し続けた。2015年、2016年の世界選手権を連覇、2018年の平昌五輪でも銅メダルを獲得した。

 羽生とフェルナンデスは共にカナダ・トロントのクリケットクラブでブライアン・オーサーコーチに師事し続けた親友でもあり、同時に最大のライバルでもあった。フェルナンデスが、カナダにやってきたのは羽生より1年早い2011年のことだった。翌年、彼はここに羽生がやってくるとオーサーコーチから聞かされた。

「君のライバルである羽生結弦選手が、ここに来たいといっているんだが」

 フェルナンデスが振り返る。

「ユヅを引き受ける前に、ブライアンは僕の意見を聞いてくれました。僕は全くためらうことなく100%快諾しました。同じようなレベルのライバルと同じリンクでトレーニングすることで、得るものは大きいとわかっていたからです」
「ユヅは大丈夫だろうか」
 実際、2人はその後カナダで練習を続け互いに切磋琢磨しあった。2015‐16年のシーズンで、羽生が史上初の総合300点越えを果たすと、その2カ月後にはハビエルも300点越えを達成し、世界を驚かせた。

 そして、フェルナンデスが集大成の大会として挑んだのが2018年の平昌五輪だった。

「オリンピックは4年に1度しかやってこない人生で最も大事な戦いです。何度経験してもあの緊張感と言うのは他と比べることができません。僕は2014年のソチオリンピックでは本当に惜しいところでメダルを逃してしまいました(4位入賞)。平昌では、表彰台に上がることが目標でした」

 そのために集中してトレーニングに取り組み続けたフェルナンデス。一方、連覇を狙う羽生は右足関節側靭帯損傷により長期離脱を余儀なくされてしまっていた。

「『ユヅは大丈夫だろうか』と色々な人から聞かれることがありました。でも、僕も自分自身を追い込んで、トレーニングに集中していました」

 その後、平昌オリンピックで羽生が2連覇を果たしたのは誰もが知るところだろう。しかし、その舞台裏で、親友でもあり終生のライバルでもあったフェルナンデスは何を思っていたのか――。

 フェルナンデスの赤裸々な想いは、『文藝春秋』5月号に掲載されている独占インタビュー「羽生結弦から僕は学んだ」に綴られている。

羽生結弦、2か月ぶり4回転…5334人ファンに「ありがとうございました~!」

スポーツ報知 によると。

 フィギュアスケート男子で66年ぶりの五輪2連覇を果たした羽生結弦(24)=ANA=が24日、アイスショーの「ファンタジー・オン・アイス」(千葉・幕張イベントホール)に出演した。公の場で氷上に立つのは、銀メダルに輝いた世界選手権(3月、さいたま)以来、約2か月ぶり。オープニングで4回転トウループを着氷させるなど、ファンの前で右足首痛からの順調な回復ぶりを示した。

 2か月ぶりの演技に臨んだ羽生は、オープニングからいきなり魅了した。4回転トウループを着氷し、会場は驚きと歓声に包まれた。

 大トリのソロパートでは、人気ロックバンド「X JAPAN」のToshlと初めてコラボ。自身が選曲した「マスカレイド」に乗せて演技した。カリスマボーカリストの伸びやかな生歌声をバックに黒と赤の衣装で舞い、3回転半ジャンプ(トリプルアクセル)をきれいに着氷して大喝采を浴びた。フィナーレでは、転倒こそしたが4回転ルッツにも挑戦してみせた。「ありがとうございました~!」と声を張り上げ、5334人が詰めかけた満員の会場に感謝の気持ちを伝えた。

 自国開催の世界選手権は、昨年11月のGPロシア杯で負傷した右足首痛を抱えて出場。痛み止めを服用しながら戦い抜いていた。世界王者奪還へ再出発する19―20年シーズンに向けて、ファンの前で順調な回復ぶりを示した

吉田沙保里&浅田真央「贅沢過ぎる」2ショット「笑顔に癒やされた」

スポーツ報知 によると。

 レスリング女子で五輪3連覇の吉田沙保里さん(36)が25日に更新したインスタグラムで、フィギュアスケート元世界女王の浅田真央さん(28)の「サンクスツアー」に行ってきたことを報告した。

 世界女王同士の2ショット写真を掲載し「しなやかで美しくてキレのある、真央ちゃんの演技に釘付けになりました。キャストの皆さんと楽しそうに滑る真央ちゃんの笑顔に癒された素敵なアイスショーでした」と感想をつづった。

 そして「アイスショーの後に真央ちゃんやキャストの皆さんにご挨拶させていただき、一緒に写真も撮っていただきました」と記した。

 豪華な2ショットにファンからは早速「贅沢過ぎます」「真央ちゃんとのツーショット素敵」などのコメントが寄せられている。

ユニクロとアレキサンダー ワンの次の新作は“クール”な「エアリズム」!

GQ JAPAN によると。

ユニクロ アンド アレキサンダーワンの2019年春夏コレクションの詳細が発表になった。デザインも機能も“クール”なインナーウエアをゲットしたい!

4月12日にユニクロは米デザイナーのアレキサンダー ワンと協業するライン「ユニクロ アンド アレキサンダーワン」の2019年春夏コレクションを発売する。2シーズン目となる今回はユニクロの機能性インナー“エアリズム”にフォーカスしてアイテムを制作した。メンズ4型、ウィメンズ10型の全14型をラインナップする。価格帯は990円~2,990円、全国のユニクロ店舗とオンラインショップにて取り扱う。

メンズでは、クルーネックの半袖Tシャツ1,500円(4色)、タンクトップ1,500円(3色)、ボクサーブリーフ990円(5色)、ブリーフ(4色)を発売する。エアリズムとはユニクロが開発した速乾、吸湿、接触冷感、抗菌防臭などの快適機能を備えた機能性インナーである。両者は今回、共同で新たな“エアリズム”を開発した。表面にコットン、裏地に“エアリズム”を組み合わせた2層構造になっており、快適な着心地とインナーウェアらしい風合いを両立した。生地に生まれた厚みから、半袖Tシャツとタンクトップは1枚で着てもサマになる。

ボクサーブリーフとブリーフのゴムバンドはすべて黒で統一した。中央に「alexanderwang」のロゴがダークグレーでさりげなく入るのがポイントだ。

帰ってきた強いメドベージェワ 伸び伸び滑りきり3位

朝日新聞デジタルによると。

 不振を抜けて、強いエフゲニア・メドベージェワ(ロシア)が帰ってきた。ショートプログラム(SP)で今季のルール改正後の自己ベストをマークしたのに続き、この日のフリーも伸び伸びと滑りきった。後半の2回転半(ダブルアクセル)ジャンプで回転不足の判定はあったが、演技終了とともに宙に投げ出した右拳は、手応えを握ってどこまでも力強かった。

 昨年の平昌(ピョンチャン)五輪では銀メダル。だが、今季はグランプリ(GP)ファイナル、欧州選手権の出場を逃すまさかのスランプに陥った。モスクワからカナダに拠点を移して1季目。環境の変化にも苦しんだ。それでも、19歳は復活してみせた。「最近たくさん迷うことがあったけど、コーチたちのサポートがあって自分を信じることができた」

 世界選手権を過去2度も制しているだけに、「完全復活」と呼ぶのはまだ早い。「一歩ずつ進んでいく」と語ったのはSP直後だった。再出発は、ここから始まる。